読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

能・狂言

能・狂言
電子書籍版
価格 1265円(税込)
ポイント還元 12ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 302
販売開始日 2019/07/18
紙書籍版 取り扱い中

能と狂言は、いまなお多くの能楽堂で演じつづけられている、現代に生きる演劇だ。人々の霊や、神、鬼などを通して、現世をはなれ、幽玄の風情にひたれる詩劇<能>。おなじみの太郎冠者や次郎冠者が登場し、生き生きとしたことばで、おおらかな笑いにつつんでくれる対話劇<狂言>。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。

別役実関連作品

  • 淋しいおさかな 550円
    作家 別役実
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2017/02/24

    戯曲『マッチ売りの少女』などで小劇場演劇の先駆者として活躍した著者が、読者の虚をつくような結末を用意した、大人のための童話集。

  • けものづくし 961円
    作家 別役実
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社ライブラリー
    販売開始日 2013/12/06

    「チーターはまちがった走り方をしている」(!?)猫、犬、亀からライオン、いるか、きりん、ユニコーンまで、動物学の謎を別役流に解き明かす<怪論>25篇。

  • 鳥づくし 924円
    作家 別役実
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社ライブラリー
    販売開始日 2013/12/06

    バード・ウォッチングの醍醐味は鳥に見られることにある!?うみねこは本当に鳥なのか?カナリアはなぜつらい目にあうのか?鳥の謎のすべてを説き明かす、別役流「理論鳥類学」26篇。

谷川俊太郎関連作品

21世紀版・少年少女日本文学館関連作品