読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

江戸の笑い

江戸の笑い
電子書籍版
価格 1265円(税込)
ポイント還元 12ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/07/18
紙書籍版 取り扱い中

短い話のなかにユーモアがぎっしりつまっている小咄。「落とし咄」と呼ばれていた笑いの宝庫、落語。江戸時代のコミック、黄表紙。俳句・短歌とおなじ字数で、人生のよろこびとおかしさをうたった川柳・狂歌。笑いを楽しむ心がうんだ読みもの満載! 笑い、また笑いの1巻。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。

興津要関連作品

21世紀版・少年少女日本文学館関連作品

「日本のよみもの」カテゴリ

  • ゆるゆる古事記 今日も神さまはやりたい放題 1100円
    作家 松本直樹 ヘロシナキャメラ
    出版社 三才ブックス
    レーベル 三才ブックス
    販売開始日 2020/06/01

    ちょっと残酷 かなり無茶苦茶 でも憎めない 1度読んだら忘れない日本誕生神話 ユニークでとんでもない神さまたちが登場する『古事記』。 「なんでそうなるの」 「どうしてそんなことしちゃ...

  • 古事記 1265円
    作家 橋本治
    出版社 講談社
    レーベル 21世紀版・少年少女日本文学館
    販売開始日 2019/07/18

    名作古典文学を21世紀の子ども達に!読みやすい総ルビ、カラーさし絵、本文中の豊富な用語解説で、日本の古典文学にはじめて出会う子供の理解を助ける、児童むけ古典文学全集の決定版。

  • 古事記‐日本のはじまり‐ 1155円
    作家 斉藤洋 高畠純
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/13

    「ルドルフとイッパイアッテナ」の斉藤洋による、日本のはじまり、日本の神様たちの物語。いちばん面白い「古事記」入門決定版!

  • かみさまのおはなし 1595円
    作家 藤田ミツ 渡邉みどり 高木香織
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/01

    新たなる時代、令和の始まり。美智子さまが幼き日の浩宮さまに読み聞かせをした「日本の原点」が、80年の歳月を経て復刊されます。

  • 日本の神さま 916円
    作家 お話ずかん編集委員会
    出版社 学研
    販売開始日 2016/10/25

    「福の神」「七福神」「天の石屋戸」など10話を収録。オールカラーのイラスト付き「お話」と「ずかん」で楽しく読める。

  • 四谷怪談 1265円
    作家 高橋克彦
    出版社 講談社
    掲載誌 21世紀版少年少女古典文学館
    販売開始日 2015/02/11

    幽霊話で江戸庶民をふるえあがらせ、同時に熱狂的にむかえられたのが、四世鶴屋南北の『東海道四谷怪談』であった。悪のヒーロー民谷伊右衛門、お岩の顔の変貌、意表をつくさまざまな趣向など、『四谷怪談』は...

  • 枕草子 1265円
    作家 大庭みな子
    出版社 講談社
    掲載誌 21世紀版少年少女古典文学館
    販売開始日 2015/02/11

    『枕草子』は、平安時代宮中に仕えた女房、清少納言が書いた随筆である。日本の古典の中で「徒然草」とならんで最もすぐれた随筆文学とされている。1000年の時を経てなお読みつがれる魅力、それは人間の心...

  • 古事記 1265円
    作家 橋本治
    出版社 講談社
    掲載誌 21世紀版少年少女古典文学館
    販売開始日 2015/02/11

    日本にまだ固有の文字がなかった八世紀初頭に成立した『古事記』は、漢字の音と訓を利用して、神話や古くからの言い伝えを書き表した日本最古の書物である。国の成り立ちを説いた歴史の書にとどまらず、古代の...

  • 落窪物語 1265円
    作家 氷室冴子
    出版社 講談社
    掲載誌 21世紀版少年少女古典文学館
    販売開始日 2015/02/11

    『落窪物語』は、早くに母を失った姫君が、継母にいじめられ、苦労しながらも、やがてすばらしい貴公子とめぐりあい、幸せを得る物語である。このストーリーの基本的なパターンは、シンデレラに代表されるが、...

  • 江戸の笑い 1265円
    作家 興津要
    出版社 講談社
    掲載誌 21世紀版少年少女古典文学館
    販売開始日 2015/02/11

    短い話のなかにユーモアがぎっしりつまっている小咄。「落とし咄」と呼ばれていた笑いの宝庫、落語。江戸時代のコミック、黄表紙。俳句・短歌とおなじ字数で、人生のよろこびとおかしさをうたった川柳・狂歌。...

  • 思い出のポケット 385円
    作家 山内弘子
    出版社 銀の鈴社
    レーベル ジュニアポエム
    販売開始日 2013/12/20

    ことばや音楽は乾いた心にうるおいを与えてくれます。小学生の頃、詩を書くのが大の苦手だった私が、詩を書き始めて多くの月日がたちました。詩を書くことなどまるでなかった私ですが、時間が少しずつ私に詩を...

  • 若山牧水ものがたり 385円
    作家 楠木しげお
    出版社 銀の鈴社
    レーベル ジュニアノンフィクション
    販売開始日 2013/12/20

    旅と酒の歌人のものがたり。生涯を貫いた旅と酒。若いころは激しい恋のうたびとでもありました。日本全国、旅の歌がのこされて各地に多くの歌碑があります。口絵ページにはアルバム、巻末にゆかりの記念館紹介...