読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ラジ&ピース

ラジ&ピース
電子書籍版
価格 440円(税込)
ポイント還元 4ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/07/18
紙書籍版 取り扱い中

自分は醜いというコンプレックスを抱く野枝(のえ)は、実家を出て群馬県のローカルFM局で人気番組を担当するようになる。誰からも干渉されない自由に閉じ籠もる野枝だが、その心の隙に気さくな方言で話す女医の沢音(さわね)が入り込み......。横浜と会津出身の二人の女性の呼び合う心を描く「うつくすま ふぐすま」を併録。(講談社文庫)

絲山秋子関連作品

  • 絲的メイソウ 495円
    作家 絲山秋子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    今の時代に鈍感でいることはできない。 「袋小路」からジグザグ、あちこちに本気で立ち寄り続けて考え感じた、著者初のエッセイ集!

  • 逃亡くそたわけ 385円
    作家 絲山秋子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    自殺未遂がばれて入院させられた「あたし」は、名古屋出身の「なごやん」を誘って病院から脱走する。車は福岡から阿蘇、さらに南へ。

  • 袋小路の男 385円
    作家 絲山秋子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    高校時代から指一本も触れないまま、「あなた」を想い続けた12年。表題作は<現代の純愛小説>と絶賛され、川端康成文学賞を受賞。

  • 絲的サバイバル 607円
    作家 絲山秋子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    人気シリーズ第3弾! テントにシュラフを車に積み込めば、一人でもキャンプ。蹴って育てた焚き火で、何でも美味しくいただけます。

  • 絲的炊事記 豚キムチにジンクスはあるのか 495円
    作家 絲山秋子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    試行錯誤、紆余曲折、思いついたら何でも作る! 一人暮らしの著者が試作を重ねた料理の数々。時に切なく時に笑える傑作エッセイ集。

  • 末裔 1430円
    作家 絲山秋子
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/18

    家から閉め出された男は漂泊を続け、幸せだった日々、本当の教養などに思いを巡らす。そして自らの存在を確かめるために動きだす。

講談社文庫関連作品

  • 新着!
    大雪物語 726円
    作家 藤田宜永
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    想定外の事態に右往左往する人々の悲喜こもごもを直木賞作家が綿密にかつ温かく活写したオムニバス短編作品集。吉川英治文学賞受賞

  • 新着!
    リンゴの唄、僕らの出発 660円
    作家 佐江衆一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    出征した兄は帰ってこない......。戦後のあの青空と唄声が鮮やかによみがえる。教科書に収録され読み継がれてきた、知る人ぞ知る傑作。

  • 新着!
    海鳴りの街 660円
    作家 夏堀正元
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    30年近く「兄妹」として暮してきた義兄への愛が、日ましに深まっていく。運河の街・小樽を舞台に男女を描いた本格恋愛小説。

  • 新着!
    牡丹の庭 660円
    作家 芝木好子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    後妻は、色濃く残る先妻の幻影に怯え、彼女が丹精した牡丹の庭に憎悪すら覚えるようになる。女性の微妙な心のゆらめきと翳りを描く。

  • 新着!
    気まぐれ列車の時刻表 660円
    作家 種村直樹
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    レイルウェイ・ライターの第一人者が放つ、ユーモア汽車旅エッセイ。好きなように乗ったり降りたりの、気まぐれ列車の楽しみ!

  • 新着!
    ニホンゴ キトク 660円
    作家 久世光彦
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    言葉は味も匂いもある生きもの。病気もするし、薬石効なく死にもする。色気があり、柔らかで耳障りのいい日本語が、死にかけている!

「日本」カテゴリ