読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

定年上手 人生後半の設計図―あるのとないのと、どうちがう?

定年上手 人生後半の設計図―あるのとないのと、どうちがう?
電子書籍版
価格 510円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 240
販売開始日 2019/06/21
紙書籍版 取り扱い中

「定年後」を考えるとなぜか不安、という人は相変わらず多い。それは“設計図”が描けていないからではないだろうか? 本書は、『人間の証明』のベストセラー作家と、『おごるな上司!』の実力派弁護士が、これからの「定年の向こう側」を語るガイドブック。「悠々自適に暮らすことと、ただボンヤリと過ごすことはまったく違う」という森村氏と「500万円もあれば、後半期の人生はまず大丈夫」という堀田氏が、“自分のための人生を自分らしく生きる”極意を公開する。肩書きのない人間関係、時間割のない時間、夫婦のあり方、お金や健康について......など、誰もが気になる「これから」の不安解消のために、著者たちが実践している考え方や行動を具体的に提案する。人生の新たな目的を見つけるヒントも満載。「まだまだ先の話」と思っている人、「プチ・リタイヤ」を意識しはじめた人にもおすすめの好著! 『人生後半の愉しみ方』を改題。

森村誠一関連作品

  • ピラミッド社会の底辺から 660円
    作家 森村誠一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/11/08

    ビジネス社会の残酷な底辺でうごめき、出世や左遷、そして屈辱の日々を送る、サラリーマンの生きざまを考現し痛烈に描破した掌編集。

  • ロマンの寄木細工 660円
    作家 森村誠一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/11/08

    山行を通し旅のロマンを語りみずからの体験をふりかえり現代の管理社会を厳しく告発しながら人生の諸相をさぐる。待望のエッセイ集。

  • 殺意の逆流 660円
    作家 森村誠一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/11/08

    本店から地方支店へ、突然の異動を命じられた銀行マン。そのウラには不正の調査という極秘の使命を帯びていた。傑作短編6編を収録。

  • レジャーランド殺人事件 660円
    作家 森村誠一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/11/08

    レジャーランドのアトラクション内で、自動車セールスマンが刺殺された。犯人を突き止めた刑事が知る、驚愕の真相。傑作推理短編集。

  • 情熱の断罪 660円
    作家 森村誠一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/11/08

    結婚式の最中に新郎が刺殺されたが、被害者の新郎と加害者の間には何のつながりもない。加害者を犯行に至らせた驚くべき理由とは?

  • 殺意の接点 660円
    作家 森村誠一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/11/08

    時刻表の間隙をついた殺人事件、美しい雪山を舞台にした山男たちの葛藤など、人々の心の闇をするどく抉る、傑作初期短編集。

堀田力関連作品

PHP文庫関連作品