読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「組織の壁」の壊し方 「働き方だけ改革」では会社は変わらない

「組織の壁」の壊し方 「働き方だけ改革」では会社は変わらない
電子書籍版
価格 1728円(税込)
ポイント還元 17ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 256
販売開始日 2019/06/18
紙書籍版 取り扱い中

「敵は社内にいるんです!」

部門間の対立、上層部と部下との壁、経営と現場の溝--
互いの「正しさ」を否定することなく、同じゴールを目指すには?
自分を変え、組織を変えるビジネスストーリー。

“働き方だけ改革”は失敗する。
全体最適化コンサルタントが見た、社員のやる気をなくさせる「7つの壁」の壊し方。
◆働き方改革が叫ばれる中、現場の生産性向上を阻むものには、社員自身の働き方だけでなく「部門間や上司との溝」「過剰な管理やルールの縛り」「腑に落ちない会社の方針」など様々な要因があります。そういった要因を解決せず、ただ闇雲に働き方だけの改革を進めても、社員は本気でやろうという気にはならず取組みは失敗に終わります。ではこれらの生産性向上を阻む要因をどうやって解決していくのか?
◆たとえば、「仕事のやり方が個人商店的になっている」「情報が十分に共有されていない」「会話が無く皆バラバラである」――そんな職場に、コミュニケーションの機会を増やしたり、社内のイベントを行ってみても、結局効果は続かず何も変わらなかったという声は多いのです。こうした職場では、議論や対話を通じて「共通の課題や目的を見つけ、そこに向けて全員で解決していく」という取組みが有効です。
◆本書は、経営層から現場まで、これまで多くの当事者たちの本音を聞き、「全体最適」の視点から問題解決してきた筆者の経験をヒントに、職場で働く人々の前に立ちはだかる「7つの壁」の壊し方をストーリーで紹介。その壁の先にある自らの夢や目標を叶えるためのヒントを提供していきます。

石原正博関連作品

日本経済新聞出版社関連作品

「経営組織論」カテゴリ