読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

『線は、僕を描く』を良く知るために

『線は、僕を描く』を良く知るために
電子書籍版
価格 0円(税込)
ポイント還元 0ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 32
販売開始日 2019/07/01

喪失感を抱いた大学生・青山霜介は、アルバイト先の展覧会場で水墨画の巨匠・篠田湖山と出会う。なぜか湖山に気に入られた霜介は、その場で内弟子にされてしまう。それが気に入らない湖山の孫・千瑛は、霜介に一年後の「湖山賞」をかけての水墨画勝負を迫る。わけのわからないうちに水墨画の世界に引っ張り込まれた霜介だったが、次第に水墨画の魅力に魅了されていく。
水墨画とは筆先から生み出される「線」の芸術。描くのは「命」そのもの。
描くことで次第に回復していく霜介と千瑛の勝負の行方は。
第59回メフィスト賞受賞作『線は、僕を描く』の試し読み16ページを含む、作品を良く知るための小冊子。

砥上裕將関連作品

講談社関連作品

  • 新着!
    六枚の切符 660円
    作家 眉村卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    大富豪になる方法をもたらす切符など、おかしな切符を手にした男たち6人の冒険の意外な結末! 非日常世界の諸相が、想像力豊かに。

  • 新着!
    忍法甲州路 1210円
    作家 山田風太郎
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/12/13

    「風太郎忍法帖」の中で、現在入手不可能の、驚天動地・抱腹絶倒の忍法で読者を魅了すること請け合いの作品を集めた、傑作短編集。

  • 新着!
    東海道をゆく 十時半睡事件帖 715円
    作家 白石一郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    重病の息子を見舞うため、国許への旅に出る半睡は、あえて陸路・東海道を悠々と旅してゆく。著者の絶筆となった人気シリーズ最終作。

  • 新着!
    日本の復興者たち 715円
    作家 童門冬二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    三菱の創業者・岩崎弥太郎、早稲田の建学者・大隈重信、不世出の蔵相・高橋是清。彼らの独立不羈の姿を描き、先人の挑戦に学ぶ!

  • 新着!
    蔦燃 660円
    作家 高樹のぶ子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    真砂子の前に、突然現れた、夫・光司の異母弟・末次郎。垣根に絡みつく蔦のように、友江の家にひび割れを作ろうとしているのか。

  • 新着!
    本がなくても生きてはいける 660円
    作家 岸本葉子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    家でほっとするひとりの時間は漬物を漬けたりウォーキングマシーンで汗を流したり。でもやはり本はいいなあ。愉しみを綴るエッセイ。

「日本」カテゴリ