読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

不動産バブル崩壊前夜―週刊東洋経済eビジネス新書No.305

不動産バブル崩壊前夜―週刊東洋経済eビジネス新書No.305
電子書籍版
価格 330円(税込)
ポイント還元 3ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/07/17

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、不動産バブルは踊り場から崩壊へと向かい始めている。
不動産関係者の間で合言葉のように語られているのが「調整局面入り」。これ以上の高値を期待することは難しく、価格下落を懸念する声が強まっている。
その引き金となる懸念が不動産向け融資の厳格化だ。アパートローンなど不動産への新規融資はすでに減速している。また、物件価格高騰に伴うリスク増大で、金融機関は不動産向け融資に一層慎重になる可能性がある。金融庁による規制強化がなくても総量規制時に近い金融収縮や、そこからのバブル崩壊が起きかねない状況にある。

本誌は『週刊東洋経済』2019年3月23日号掲載の18ページ分を電子化したものです。

週刊東洋経済編集部関連作品

週刊東洋経済eビジネス新書関連作品

週刊東洋経済関連作品