読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

イラストでわかる 日本の元号(池田書店)

イラストでわかる 日本の元号(池田書店)
電子書籍版
価格 774円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 208
販売開始日 2019/08/30
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

日本の元号は、約1370年前、645年の「大化」から始まり、以来、令和まで248の元号があったとされています。本書は、これまでの元号がどんな理由で、どんな意味でつけられてきたのか、特徴的な元号について、イラストで楽しく紹介していく1冊です。新しい元号が制定されるのは、けっして天皇が変わったときだけではありません。たとえば「養老」(717年~)は、美濃国にて、孝行息子が山中で湧き出る泉を発見したから。「神亀」(724年~)は、朝廷に白い亀が献上され、豊年となったから、でした。またそのネーミングの由来もさまざまで、たとえば「天応」は、伊勢斎宮に美しい雲が現れたから。「仁寿」は石見国にて甘露が降ったから、など、面白い由来がたくさんあります。その決め方も、たとえば「明治」は天皇がくじ引きで決定したなど、興味深い史実がいろいろあります。本書を読めば、日本の元号のおもしろさ、奥深さに触れられること請け合いの1冊です。

池田書店関連作品

PHP研究所関連作品

  • 文蔵 611円660円
    作家 「文蔵」編集部
    出版社 PHP研究所
    レーベル 文蔵
    販売開始日 2019/12/06

    【特集】雫井脩介作品の魅力 ◎インタビュー 雫井脩介/全作品ガイド ほか 【新連載小説】諸田玲子「帰蝶」 【連載小説】火坂雅志「鬼神の如く」/篠田真由美「ホテル・メランコリア」/池永陽「向こうが...

  • パラアスリート 1400円
    作家 山田清機
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2019/12/06

    ビジネス、教育、家族......同じ人間として、参考になる知見が満載。他のメディアでは決して描かれないパラアスリートの素顔と本音を探る本格ノンフィクション。

  • Voice (19~82巻) 713円840円
    作家 Voice編集部
    出版社 PHP研究所
    レーベル Voice
    販売開始日 2019/12/06

    安倍総理が進める「アベノミクス」の影響で円安・株高が定着。週刊誌には「安倍バブル」の言葉が躍る。日本経済はこれからどう動くのか。財政再建は大丈夫か、物価目標2%の導入で金利は上昇しないか。先行き...

  • 「脳科学×心理学」で自己肯定感を高める方法(大和出版)... 1300円
    作家 弥永英晃
    出版社 PHP研究所
    レーベル 大和出版
    販売開始日 2019/12/06

    いつも不安、他人に振り回される、自分なんて......がピタリと消える! カリスマ心理カウンセラーが、自らのうつ病を克服した体験から導く20の方法。「脳の神経回路をつくり変えて心を新しくする」画...

  • すし・寿司・SUSHI 660円
    作家 森枝卓士
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP新書
    販売開始日 2019/12/06

    スローフードの極致として生まれた保存食が、今や世界のファーストフードに! スシがいかに文明の食となり、ブームとなったかを探る。

  • 月刊誌PHP 209円220円
    作家 PHP編集部
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2019/12/06

    2013年1月号では、女優の木の実ナナさんのインタビューをはじめ、辺境作家・高野秀行さんほかのエッセイで、つらいときの気持ちの保ち方について考えます。

「歴史学」カテゴリ