読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

メディアアート原論

メディアアート原論
電子書籍版
価格 1700円(税込)
ポイント還元 17ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 208
販売開始日 2019/09/20
紙書籍版 取り扱い中

メディア・アートは、なぜそう呼ばれているのか?
ポストインターネット状況を経た、21世紀の芸術精神を探る!

現在、メディア・アートという名称は、単にメディア・テクノロジーを使用した美術作品の総称というだけにとどまらず、技術を応用したデモンストレーションなども含めて幅広く使用されています。
そしてメディア・アートは、「ポスト・インターネット・アート」やデジタル・ファブリケーション、デザイン、現代美術などさまざまな領域と接続しており、多くの人の関心を集めています。また、ライゾマティクスをはじめとしたテクノロジー×エンターテイメントの活動にも注目が集まっています。

しかし、メディア・アートを明確に定義することは難しく、メディア・アートをめぐる言説に関しても複数が錯綜している状態です。
本書は、最先端の工学に明るく、創作者としても活躍中の久保田晃弘さんと日本のメディア・アートのメッカ、NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]で20年間メディア・アートの現場に携わってきた畠中実さんという第一人者の二人が、メディア・アートに関する論点をわかりやすく整理・解説した入門書です。
メディア・アートの歴史や重要なキーワードを学ぶにはうってつけの一冊となっています。
芸術表現の可能性を切り開く、メディア・アートの世界へようこそ。

フィルムアート社関連作品

  • となりのヘルベチカ 1599円
    作家 芦谷國一 山本政幸
    出版社 フィルムアート社
    販売開始日 2019/11/08

    世界はフォントに満ち溢れている! 書体知識をゼロから学べる、欧文フォント擬人化マンガ登場!! 新進気鋭のマンガ家・芦谷國一さんが手がける、ちょっと不思議な欧文フォント入門コミック、待望の書籍化...

  • ぼくらがアニメを見る理由 2399円
    作家 藤津亮太
    出版社 フィルムアート社
    販売開始日 2019/11/01

    「藤津さんならではの明晰でフラットな視点が、『知ってるつもり』だった作品たちの輪郭を、改めてくっきりと浮かび上がらせてゆく! ————この風通しの良さこそ、いま必要とされる『批評』の仕事だと思う...

  • 結局、どうして面白いのか 1800円
    作家 佐々木玲仁
    出版社 フィルムアート社
    販売開始日 2019/10/11

    北海道ローカル番組から全国区へと瞬く間に拡大した、超人気番組「水曜どうでしょう」。 「言葉で説明できないけど面白い」「なぜかついつい観てしまう」 「観はじめると止まらない」「ほとんど同じ画面な...

  • 視覚文化「超」講義 2100円
    作家 石岡良治
    出版社 フィルムアート社
    販売開始日 2019/09/20

    映画、ゲーム、アニメ、PV、アート、CG、マンガ...... 本書が初の著書となる石岡良治がその博覧強記ぶりを存分に発揮し、ハイカルチャー/ポップカルチャーの枠組みを超えて視覚文化を語る! 写...

  • 21世紀のアニメーションがわかる本 1800円
    作家 土居伸彰
    出版社 フィルムアート社
    販売開始日 2019/09/20

    日本を見れば、世界がわかる。『君の名は。』『この世界の片隅に』『聲の形』、そして『夜明け告げるルーのうた』......2016年から2017年の日本の長編アニメを、世界のアニメーションの文脈から...

  • サザビーズで朝食を 3000円
    作家 フィリップ・フック 中山ゆかり
    出版社 フィルムアート社
    販売開始日 2019/09/20

    世界最古の国際競売会社サザビーズでディレクターを務めるフィリップ・フックが、長年の経験をもとに作品の様式からオークションの裏側まで、美術に関するさまざまなトピックを解説! 美術作品を見たときにこ...

「評論」カテゴリ