読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

サザビーズで朝食を

サザビーズで朝食を
電子書籍版
価格 3000円(税込)
ポイント還元 30ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 472
販売開始日 2019/09/20
紙書籍版 取り扱い中

・シャガール、ミロは、ブルーが多いほど高額に?
・ゴッホは自殺したからこそ、価値が高まった?
・アーティストの「狂気」は市場に影響を及ぼす?

世界最古の国際競売会社サザビーズでディレクターを務めるフィリップ・フックが、長年の経験をもとに作品の様式からオークションの裏側まで、美術に関するさまざまなトピックを解説!

ガーディアンズ、サンデー・タイムズ、フィナンシャル・タイムズ、スペクテーターなど各紙誌で「Books of the Year」を受賞!

美術作品を見たときにこのような疑問を抱いたことはありませんか?

「この作品はいくらだろう?」
「あと五年か十年たつと、どのぐらいの価値になるだろう?」
「うちの壁にかかっているのを見たら、みんなは私のことをどう思うだろう?」

美術市場で35年以上にわたって仕事をしてきたフィリップ・フックが、誰もが気になる(けれど大っぴらには聞けない)「美」と「お金」に関する疑問をわかりやすく解説してくれます。

本書は「アーティストと彼らの秘密」「主題と様式」「ウォールパワー」「来歴」「市場模様」という5つのパートで構成されており、それぞれのセクションで、買い手が美術品に対して最終的に支払う金額の決め手となる要因を、著者の主観的な視点で分析しています。

「ときに滑稽で、ときに暴露的で、またときに刺激的で、さらには素晴らしくもあれば不条理」な美術の世界。
その裏側に潜む「美」と「お金」についての物語を楽しんでください。

フィルムアート社関連作品

  • となりのヘルベチカ 1599円
    作家 芦谷國一 山本政幸
    出版社 フィルムアート社
    販売開始日 2019/11/08

    世界はフォントに満ち溢れている! 書体知識をゼロから学べる、欧文フォント擬人化マンガ登場!! 新進気鋭のマンガ家・芦谷國一さんが手がける、ちょっと不思議な欧文フォント入門コミック、待望の書籍化...

  • ぼくらがアニメを見る理由 2399円
    作家 藤津亮太
    出版社 フィルムアート社
    販売開始日 2019/11/01

    「藤津さんならではの明晰でフラットな視点が、『知ってるつもり』だった作品たちの輪郭を、改めてくっきりと浮かび上がらせてゆく! ————この風通しの良さこそ、いま必要とされる『批評』の仕事だと思う...

  • 結局、どうして面白いのか 1800円
    作家 佐々木玲仁
    出版社 フィルムアート社
    販売開始日 2019/10/11

    北海道ローカル番組から全国区へと瞬く間に拡大した、超人気番組「水曜どうでしょう」。 「言葉で説明できないけど面白い」「なぜかついつい観てしまう」 「観はじめると止まらない」「ほとんど同じ画面な...

  • 視覚文化「超」講義 2100円
    作家 石岡良治
    出版社 フィルムアート社
    販売開始日 2019/09/20

    映画、ゲーム、アニメ、PV、アート、CG、マンガ...... 本書が初の著書となる石岡良治がその博覧強記ぶりを存分に発揮し、ハイカルチャー/ポップカルチャーの枠組みを超えて視覚文化を語る! 写...

  • 21世紀のアニメーションがわかる本 1800円
    作家 土居伸彰
    出版社 フィルムアート社
    販売開始日 2019/09/20

    日本を見れば、世界がわかる。『君の名は。』『この世界の片隅に』『聲の形』、そして『夜明け告げるルーのうた』......2016年から2017年の日本の長編アニメを、世界のアニメーションの文脈から...

  • ダイアローグ 2800円
    作家 ロバート・マッキー 越前敏弥
    出版社 フィルムアート社
    販売開始日 2019/09/20

    ロバート・マッキーの待望の最新作『ダイアローグ』では、(1)演劇=聴覚のメディア (2)映画=視覚のメディア (3)テレビドラマ=演劇と映画のあいだにあるもの (4)小説=心に直接うったえるメデ...

「評論」カテゴリ