読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

肌がきれいになる石けんオフメイク

肌がきれいになる石けんオフメイク
電子書籍版
価格 1223円(税込)
ポイント還元 12ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 144
販売開始日 2019/09/20
紙書籍版 取り扱い中

女優・安達祐実がモデルを務めるメイク本、ふたたび!
話題の石けんオフメイクのすべてがわかる1冊です。

〈クレンジング不要。石けん洗顔だけでオフできるから、肌に負担をかけない〉
〈メイクもメイクオフも楽ちんなのに、続けるうちに肌がきれいになっていく〉
――そんな「石けんオフメイク」の良さを実感しているヘアメイクアップアーティスト、美容エディター、そして女優の安達祐実さんなどが“石けんオフメイク研究会”を結成。
それぞれプロの視点から、石けんオフメイクを存分に楽しむ方法や、バリエーション豊かな石けんオフコスメを紹介します。


内容は、
◎石けんオフメイクで肌がきれいになる仕組み
◎ナチュラルメイクからきちんとメイクまで、バリエーション豊富なメイクハウツー
◎崩れにくくする方法などのテクニック集
◎石けんオフメイクが叶うコスメブランド一覧
◎おすすめの石けんカタログ
◎石けんオフメイクをするりと落とす洗顔法
......など、石けんオフメイクのすべてがわかる一冊に。


★注目の女優・仁村紗和さんもビューティモデルとして参加。
ふたりの魅力溢れる女優がメイクのプロセスまで一冊丸ごとモデルを務めています。


★公式インスタグラム【@sekken_official】では、編集や撮影の様子などを更新中。
「#石けんオフメイク」も盛り上がっています!

文春e-book関連作品

  • 高倉健の美学 今に生きる201の言葉 1300円
    作家 小田貴月 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/02/13

    「義理人情は無理じいするものじゃない」「カッコいいとは、哀しく儚くなければならない」「勝っても負けても戦ったってのが大事」――。昭和を代表する映画スター、高倉健が遺した201の言葉を集めた。真っ...

  • 国策不捜査 「森友事件」の全貌 1701円
    作家 籠池泰典 赤澤竜也
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/02/13

    安倍さん、なぜ『嘘』つくんですか!? 森友事件の籠池泰典氏が、初めて明かす衝撃の事実。 500ページに及ぶ独白の記録を2月19日に迫る地裁判決を前に緊急出版! 日本中を巻き込み、過去類例を見な...

  • マスコミ・セクハラ白書 1500円
    作家 WiMN
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/02/13

    伊藤詩織さん推薦! 「どんなに辛い過去の出来事も、伝えることで未来は変えられる」(本書帯コメントより) 「胸触っていい?」「抱きしめていい?」 テレビ朝日の女性記者に対する財務省幹部のセクシュ...

  • GETUP!GETLIVE! 1701円
    作家 渡航
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/02/12

    話題の「声優×二次元芸人」プロジェクト! 発売即完売の1stLIVEを完全ノベル化。舞台では演じられなかった幻のエンディングも収録。 お笑いにかける青春 俺の相方が世界で一番面白い! 『俺ガイ...

  • 人類はなぜ〈神〉を生み出したのか? 2400円
    作家 レザー・アスラン 白須英子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/02/10

    4万年前、人類は洞窟の奥に祭壇と壁画を残した。 サピエンスと〈神〉の歴史は、そこからはじまる。 「宗教を知れば世界が見える。宗教を知る一つの方法になるこの書は、知的興奮に満ちています」池上彰(...

  • 月曜断食ビジュアルBOOK 1001円
    作家 関口賢 リュウジ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/02/06

    シリーズ累計20万部の『月曜断食』の進化版が初のビジュアルブックになって登場。 多彩なイラストでわかりやすく解説するとともに、とくに成否の分かれ目となる回復食の摂り方や、 前著の反響として寄せら...

文藝春秋関連作品

  • 日本人の戦争 作家の日記を読む 1400円
    作家 ドナルド・キーン 角地幸男
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春学藝ライブラリー
    販売開始日 2020/02/05

    作家たちにとって戦争とは何だったのか。 戦中、戦後の5年にわたる日記から作家たちの喜びと悲しみをあざやかに読み解く。 永井荷風、高見順、伊藤整、山田風太郎らは、日本の太平洋戦争突入から敗戦まで...

  • ファーストラヴ 781円
    作家 島本理生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、あらかじめ購入していた包丁で父親を刺殺した。環菜は就職活動の最中で、その...

  • 火盗改しノ字組 (1~4巻) 750円765円
    作家 坂岡真
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    「鬼役」の坂岡真、渾身の新シリーズ発進! 火盗改の駆け出し侍が、個性豊かでアクの強い仲間たちと江戸の巨悪に敢然と立ち向かう。 九代将軍徳川家重の治世。越後新発田藩の浪人の息子・伊刈運四郎は、直...

  • ネメシスの使者 770円
    作家 中山七里
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    死刑判決を免れた殺人犯の家族が次々と殺されていく――。 驚愕の結末待ち受ける社会派ミステリ! 死刑判決を免れた殺人犯たちの家族が犠牲となる連続殺人事件が発生。 殺害現場に残されていたのは、ギリ...

  • 日々是口実 691円
    作家 土屋賢二
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    週刊文春の人気連載! ツチヤ先生の「口実」満載のエッセイ集。 妻と弟をお供に旅行に出かけたり、78歳のスーパーボランティアに衝撃を受けたり、 教え子との会話に興じたり、不幸のモトに思いをはせた...

  • 余話として 711円
    作家 司馬遼太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/02/05

    1979年に刊行以来、いまも版を続ける司馬遼太郎のエッセイ集の新装版。 「人間の何事かについて小説の構想を考えているとき、無数の、といっていいほどの無駄ばなしが脳裏を去来する」と司馬さんは「あ...

「化粧・コスメ」カテゴリ