読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

濡母 兄妹、親子、叔父叔母、甥姪が弾け灼けいく

濡母 兄妹、親子、叔父叔母、甥姪が弾け灼けいく
電子書籍版
価格 671円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/09/25

親しい者は、普段何事もなければ、互いの性を意識することなく生活を送る。
だがいったん何かのきっかけ――それは事故やアクシデント、嫉妬心など――によって、異性として意識した途端、近親の者は異性となり、愛と欲の対象となる。
本書では、いくつもの近親の禁断の関係を描いている。
いずれの性愛も、激しく淫靡でありながら清冽だ。

岡江多紀関連作品

  • もうひとつのハネムーン 110円
    作家 岡江多紀
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2020/09/18

    10年来の親友・和美の結婚式に出席した27歳の智佳。披露宴の後、二次会には出席せずに、智佳はある人物と会うことにした。それは、和美の元カレである加賀谷吾郎という男で......。

  • ドラマじゃない! 110円
    作家 岡江多紀
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2020/06/12

    テレビドラマのような恋に憧れ、代官山に部屋を借りている安月給OLの智恵。しかし彼氏にはフラれ、取引先のオヤジには無理矢理セックスされ、散々な生活であった。ついに智恵は郊外のボロアパートへ引っ越す...

  • 企業戦士の作り方 110円
    作家 岡江多紀
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2020/04/03

    旅行代理店で働く26歳の池内は、憧れていた先輩OL・明日香と飲んでいるうちに、流れでホテルへ行ってセックスをしてしまう。ところが後日、明日香が上司と不倫しているという噂を聞いて......。

  • 淫靡な賭け 110円
    作家 岡江多紀
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2020/01/24

    独身サラリーマンの健治は、同僚OLの千晶を行きつけの小料理屋に連れて行く。そこは40過ぎの美人ママ・祐子が一人でやっている店であった。ところが、若い娘が来たことにより、ママの嫉妬を買ってしまい....

  • 聖夜 110円
    作家 岡江多紀
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2019/11/29

    ホームパーティで盛り上がる、陽子・亜紀・真美子の主婦三人。真美子はダンディな夫が居ながら、若い男と不倫をしたがっていた。その話を聞いた陽子はある作戦を企てるのだが......。

  • 濡れた瞳で見つめられ 110円
    作家 岡江多紀
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2019/10/04

    友人を病気で亡くし、寂しさに明け暮れていた45歳の田代。ある日、酔った勢いで同じ部署で働く23歳のOL・沙希を口説き、その後も不倫関係を続けるのだが......。

アデュルト社関連作品

  • おすそ乱し。 671円
    作家 草凪優
    出版社 アデュルト社
    販売開始日 2020/09/04

    岡雪次郎は、40歳になる浅草の縫箔師。22年精進を重ねてきた独り身の雪次郎は師匠の喜寿の席で、図らずも年末までの3か月の間に嫁探しをすると宣言する羽目に。そんな雪次郎には12年前、芸者の半玉との...

  • 恋する彼とカラダの関係 528円
    作家 深志美由紀
    出版社 アデュルト社
    販売開始日 2020/08/28

    ユズは憧れのデザイナー・雨宮海とついに肉体を重ねる。しかし、彼が付き合っている女性はユズだけではない。ユズはそれを知りながらも、海と一緒にいられるだけで幸福だと思い込もうとしていた。つまり、モテ...

  • しっぽり舟 671円
    作家 草凪優
    出版社 アデュルト社
    販売開始日 2020/08/28

    板前の村瀬栄司は、浅草あさがお市で出会い、その日のうちに抱いた。清香に恋心を抱いたが、彼女は連絡先を告げずに消えてしまう。 翌日、夏の間だけ手伝うことになっていた屋形船に向かった村瀬は、船を運営...

  • 倒錯へ... 671円
    作家 丸茂ジュン
    出版社 アデュルト社
    販売開始日 2020/08/28

    女子大生の百合子は、真面目な帰国子女。そんな百合子の真面目さと語学力を頼りにしていたのが、学業をおろそかにしていた志穂だった。 志穂のおかけで東京での夜遊びを、百合子は少しずつ経験していく。 そ...

  • 未亡人 隷属の契り 638円
    作家 山口香
    出版社 アデュルト社
    販売開始日 2020/05/15

    夫を事故で亡くしたばかりの永久博美は、悲嘆にくれていたが、今後の生活をどうするかを考られるまでになってきた。 手を差し伸べたのは、義父で書道連盟の専務理事の永久大造だった。息子の嫁なのだから、行...

  • からっぽの恋 638円
    作家 草凪優
    出版社 アデュルト社
    販売開始日 2020/05/15

    何気ない日常の中に、ふいに現れるエロスへの甘い誘惑。そのお相手は上司の妻、義理の妹、先輩OLなどさまざま。 満たされることのない欲望に翻弄される男と女の姿を鮮烈かつ繊細に描く、身近な官能短編傑作...

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    沙漠と青のアルゴリズム 1540円
    作家 森晶麿
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/11/25

    読書と絵画を巡り、現代に生きる主人公の若手出版編集者が、時空さらには虚実を自在に行き来する。究極のSFミステリー!

  • 新着!
    屋根裏博物館の事件簿 748円
    作家 澤見彰
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/11/25

    渋沢敬三に拾われた女学生・あづみが、古い因習にとらわれた人間の闇を追う「民俗学」ミステリ開幕!

  • 新着!
    それを小説と呼ぶ 2585円
    作家 佐々木敦
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/11/25

    「批評」の終幕、そして「小説」の到来。小説という問題への探求、その思考の足跡をすべて刻んだ文芸批評家としての最後の主著。

  • 新着!
    私の彼は腐ってる (1~2巻) 748円792円
    作家 九条菜月
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/11/25

    祖父の死で天涯孤独になった揚羽。その時、約束通り迎えにきてくれた許婚の伊織と同居するが、なぜか彼は広い洋館で姿を見せない。執念で探し出し問い詰める最中、伊織の腕がぼとりと落ちた。「じつは私、ゾン...

  • 新着!
    それをAIと呼ぶのは無理がある 1650円
    作家 支倉凍砂
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2020/11/24

    私だけの完璧な相棒を端末にダウンロードできたら、友達なんていらない!? でも現実の恋や夢は万能AIにも計算不能で......。生まれたときからAIに囲まれて育ってきた主人公たちを描く。『狼と香辛...

  • 新着!
    ランジーン×コード (1~6巻) 452円650円
    作家 大泉貴 しばの番茶
    出版社 宝島社
    レーベル このライトノベルがすごい!文庫
    販売開始日 2020/11/21

    第1回『このライトノベルがすごい!』大賞の大賞受賞作です。人間の脳に巣食う特殊な意識「コトモノ」をめぐる異能力バトル。ある日、「コトモノ」の集団が襲撃される事件が続発。主人公は事件に巻き込まれ、...

  • 意味という病 1265円
    作家 柄谷行人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2020/11/20

    日本のシェークスピア論のパラダイムを批判し、明晰な論理と思考の下に、新しい「マクベス」像を描く「マクベス論」などの作品群。

  • 太閤秀吉 (1~2巻) 660円
    作家 舟橋聖一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/11/20

    天下取りに相応しい器量を見せる織田信長を畏敬し、気高く美しい市姫を密かに恋慕する木下藤吉郎は、二人のために献身的に働く。

  • 坂口安吾と中上健次 1320円
    作家 柄谷行人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2020/11/20

    日本の怠惰な知性の伝統の中で、闘う知性としての安吾と中上を論じた、74年から95年までの批評を集成した、伊藤整文学賞受賞作。

  • 畏怖する人間 1320円
    作家 柄谷行人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2020/11/20

    群像新人文学賞受賞作はじめ、その出発以来、同時代の「知」に圧倒的な衝撃を与えつづけて来た著者の、秀れた光芒を放つ第一評論集。

  • 柿本人麻呂 715円
    作家 山本健吉
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/11/20

    生活伝承の卓抜な理解に基づき日本詩=短歌の源流たる万葉集に新たな光をあて、短歌的抒情の変革者かつ偉大な完成者たる歌聖を解く。

  • 奥の細道 1980円
    作家 山本健吉
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/11/20

    俳聖一代の名紀行を読み究めた平明達意の訳文と清新懇篤な解説・鑑賞と、芭蕉芸術の到達点としての「軽み」の境地を考究した論考。