読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

素直な容疑者

素直な容疑者
電子書籍版
価格 660円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 231
販売開始日 2019/10/11

目覚めたとき、明の横で、女は息絶えていた。赤くよごれたシーツと、ベッド脇の血をたたえた水槽。逮捕された明が、自ら推理したのちに選んだ運命は? 少女の愛の渇きを見事に捉えたミステリーの表題作のほかに、女性心理の微妙な揺れ、また翳りを描く「窓辺の娘」「犬を飼う男」「街の神秘と憂愁」など全7編。

原田康子関連作品

  • 風の砦 (1~2巻) 715円
    作家 原田康子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/10/04

    ロシアの樺太進出を恐れ、江戸幕府は、東北諸藩に蝦夷地の警固を命じた。厳寒の地・北海道の警固を志願した若き侍たちの運命は?

  • 海霧 (1~3巻) 734円
    作家 原田康子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    幸吉は、石炭に魅せられエゾへと渡る。厳しい自然と対峙し維新へつづく時代の荒波の中、家族と支え合い道を切り開いていく一族の物語

  • はなれ駒あそび駒 550円
    作家 原田康子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    オグリキャップを愛しトウカイテイオーに魅せられた競馬の楽しみを、六十の手習いで盤上に移し、駒音高く鉄火の心意気を示す。

  • 窓辺の猫 550円
    作家 原田康子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    30年余の歳月を北国の風土の中で共に暮らした犬や猫たち......。彼らへの愛情を自分史に重ね描く長編小説

  • 鳥のくる庭 550円
    作家 原田康子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    長く北海道に住み、その一隅から季節の移りゆきを綴り、さりげない暮らしのひとこまの中の新しい発見を語り、旅・交遊・文学を思う。

講談社文庫関連作品

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    それ以上でも、それ以下でもない 1870円
    作家 折輝 真透
    出版社 早川書房
    販売開始日 2019/11/20

    【第9回アガサ・クリスティー賞受賞作】1944年、ナチス支配下のフランス。住民の混乱を恐れた神父は、ある殺人事件を隠蔽した――ジャンプホラー小説大賞金賞とW受賞の大型新人登場!

  • 新着!
    月の落とし子 1980円
    作家 穂波 了
    出版社 早川書房
    販売開始日 2019/11/20

    【第9回アガサ・クリスティー賞受賞作】突然死する宇宙飛行士/墜落する宇宙船/蔓延する致死病原体――クリスティー賞史上最大スケールの、超災害ミステリ!

  • 新着!
    十三階の血 1540円
    作家 吉川英梨
    出版社 双葉社
    販売開始日 2019/11/20

    圧巻のスパイサスペンス、「十三階」シリーズ第3弾! 警察庁の公安秘密組織『十三階』。この組織は国家の異分子を排除すためには、ときに非合法な捜査も厭わない。黒江律子が去った十三階だったが、古池は辺...

  • 新着!
    大天使はミモザの香り 1265円
    作家 高野史緒
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/11/19

    ヨーロッパから来日した時価2億のヴァイオリンが消えた。平凡なアマオケ団員・光子と、天才高校生・拓人にこのトリックは解けるか?

  • 新着!
    沃野の刑事 1540円
    作家 堂場瞬一
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/11/19

    1970年。週刊誌編集長の息子の謎めいた自殺。捜査一課と公安、理事官として辣腕を振るう高峰と海老沢は、自ら捜査に乗り出すが。

  • メタボラ 1001円
    作家 桐野夏生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/11/15

    もはや僕らには、絶望すらも許されないのか......。 記憶喪失の〈僕〉と島を捨てた昭光の、行くあてのない逃避行。社会から疎外された若者たちを通じて現代の貧困を暴き出した問題作。 記憶を失った...

  • 夜の谷を行く 1400円
    作家 桐野夏生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/15

    桐野夏生が挑む、「連合赤軍」の真実。 いま明かされる「山岳ベース」で起こった出来事。「総括」とは何だったのか。集った女たちが夢見たものとは――。 桐野の作品世界で新解釈される“女たちの連合赤軍事...

  • ポリティコン (1~2巻) 730円740円
    作家 桐野夏生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/11/15

    充たされぬ魂の行き先は、破滅か、新天地か? 芸術家たちの理想郷「唯腕村」を舞台に繰り広げられる、絶望郷のごとき愛憎劇! 理想社会の実現を目指し、東北の寒村に建設された唯腕村は、もはや時代遅れと...

  • 人面瘡探偵 1584円
    作家 中山七里
    出版社 小学館
    販売開始日 2019/11/15

    人面瘡×相続鑑定士コンビが怪事件に挑む!

  • 水の眠り 灰の夢 880円
    作家 桐野夏生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/11/15

    オリンピック前夜の熱を孕んだ昭和38年、東京。連続爆弾魔を追う週刊誌記者・村野は、女子高生殺しの容疑者にされてしまい、やがてとある疑惑へと辿り着く――。 地下鉄爆破に遭遇した村野は連続爆弾魔・...

  • 皇帝と拳銃と 950円
    作家 倉知淳
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/11/15

    犯罪計画は、完璧なはずだったのに‐‐彼らはどこでミスを犯したのか? 殺人者の前に立ち塞がる、死神めいた風貌の警部の冷徹な推理。倉知淳初の倒叙シリーズ、四編を収録。

  • 十津川警部 仙山線〈秘境駅〉の少女 891円
    作家 西村京太郎
    出版社 小学館
    販売開始日 2019/11/15

    十津川警部、日韓関係の闇に切り込む!