読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

週刊文春 2019年10月17日号

週刊文春 2019年10月17日号
電子書籍版
価格 400円(税込)
ポイント還元 4ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 156
販売開始日 2019/10/14

■■■菅原経産相「秘書給与ピンハネ」「有権者買収」を告発する■■■
秘書への暴行、事務所のブラック体質に加え、政治資金を元手にした選挙区でのばら撒き、そして秘書給与のピンハネ。
目立ちたがり屋の新大臣の所業はまさに令和版「疑惑のデパート」にふさわしい。
元秘書、スタッフが明かしたダンサー大臣の「黒い履歴書」。

■■■佳子さま 孤独の食卓と「ヘソ出し」「女豹」10・6セクシーダンス■■■
日曜日、町田市のヒップホップダンス発表会。
プリンセスのお姿は衝撃的だった。
大学卒業後、仕事につかず「公務が少ない」と言われる佳子さまに、宮内庁は「何をおやりになりたいか」と困惑を隠せず......。

■■朝ドラ俳優小手伸也「独身偽装不倫」をマレーシア直撃■■
苦節20年。昨年彗星のごとく現れた中年シンデレラ俳優に「独身偽装」疑惑が浮上した。
コミカルな演技が身上の彼だが、人生初のスキャンダルには全く受け身が取れなかったようだ。
ランカウイ島で完全否定した5日後、小誌取材班の前に再び姿を見せた彼は‐‐。

■■神戸イジメ教師の履歴書■■
「台風でみんなが家に待機している時、先生たちはパトロールで学校に来ていて、家庭科教室で、X先生に激辛カレーを食べさせたんや」
神戸市立東須磨小学校のベテラン女性教師・A先生は、担任を受け持つ6年生クラスルームで、嬉々としてこう語り出した。“職員室崩壊”学校の恐るべき実態とは‐‐。

■■総務副大臣 長谷川岳「ゴリ押し」音声■■
「空港ビルが非協力的で、冷たい対応をしているのは看過できない」
「市あるいは空港ビルとして具体的な提案をしたことがあるのか? ないだろう」
怒気をはらんだ口調で叱責する言葉が、電話口から続けざまに降り注ぐ。
声の主は、自民党の長谷川岳参議院議員だった。

■■人生100歳時代の体作り1 高齢者こそ「筋肉」と「肉食」!■■
百寿到達。かつて例外中の例外だったことが当たり前になる時代が訪れつつある。
しかし寿命が延びても介護を受ける期間が延びるだけでは切ない。
充実した百年間を生きるために今からしておくべき体作りとは? 何を食べればいいのか? 最新知見から徹底解説。

■■ダイバーシティ成功の秘訣はラグビー日本代表にあり■■
今月5日、サモアを下してW杯3連勝を飾ったラグビー日本代表。
そのチームは、16人の日本人選手と6カ国15人の外国出身選手によって構成されている。様々な企業や組織で「ダイバーシティ=多様性」が重要視される昨今、日本代表が“多文化共生”を成功させている秘訣はどこにあるのか‐‐。

●関電を大阪特捜が捜査できない「上級人脈」
●志村けん 緊急搬送から2週間で“だいじょうぶだぁ”
●辞任のきっかけ 織田信成は愛弟子の“謀反”に号泣した
●金田正一 張本への最後の電話で「佐々木朗希は...」
●「生番組は来年まで」坂上忍 同棲恋人が会社を設立していた
●「スカーレット」戸田恵梨香が大島優子に柔道技で爆笑
●阿川佐和子のこの人に会いたい 那須正幹(児童文学作家)

グラビア
●原色美女図鑑 橋本環奈 撮影・前康輔
●東京五輪への道 出口クリスタ(柔道)
●今宵、銀座で 新星☆和食

好評連載
司馬遼太郎/森秀樹/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/能町みね子/飯島勲/土屋賢二/出口治明/橘玲/海堂尊/東海林さだお/真山仁/益田ミリ

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です

シリーズ作品

  • 週刊文春 8月15・22日合併号 司馬遼太郎/著 森秀樹/著 伊集院静/著 みうらじゅん/著 町山智浩/著 宮藤官九郎/著 能町みね子/著 近田春夫/著 土屋賢二/著 出口治明/著 橘玲/著 海堂尊/著 真山仁/著 柳家喬太郎/著 東海林さだお/著 益田ミリ/著 伊藤理佐/著 408円(税込) 4ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/08/12

    1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。...

  • 週刊文春 8月29日号 司馬遼太郎/著 森秀樹/著 伊集院静/著 林真理子/著 みうらじゅん/著 町山智浩/著 宮藤官九郎/著 能町みね子/著 近田春夫/著 土屋賢二/著 出口治明/著 橘玲/著 海堂尊/著 真山仁/著 柳家喬太郎/著 東海林さだお/著 益田ミリ/著 伊藤理佐/著 408円(税込) 4ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/08/23

    1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。...

  • 週刊文春 9月5日号 司馬遼太郎/著 森秀樹/著 伊集院静/著 林真理子/著 みうらじゅん/著 町山智浩/著 宮藤官九郎/著 能町みね子/著 近田春夫/著 土屋賢二/著 出口治明/著 橘玲/著 海堂尊/著 飯島勲/著 真山仁/著 柳家喬太郎/著 益田ミリ/著 伊藤理佐/著 408円(税込) 4ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/09/02

    1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。...

  • 週刊文春 2019年9月12日号 司馬遼太郎/著 森秀樹/著 伊集院静/著 林真理子/著 みうらじゅん/著 町山智浩/著 宮藤官九郎/著 能町みね子/著 飯島勲/著 土屋賢二/著 出口治明/著 橘玲/著 海堂尊/著 東海林さだお/著 真山仁/著 益田ミリ/著 408円(税込) 4ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/09/09

    1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。...

  • 週刊文春 2019年9月19日号 司馬遼太郎/著 森秀樹/著 伊集院静/著 林真理子/著 みうらじゅん/著 町山智浩/著 宮藤官九郎/著 能町みね子/著 飯島勲/著 土屋賢二/著 出口治明/著 橘玲/著 海堂尊/著 東海林さだお/著 真山仁/著 益田ミリ/著 408円(税込) 4ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/09/16

    1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。...

  • 週刊文春 2019年9月26日号 司馬遼太郎/著 森秀樹/著 伊集院静/著 林真理子/著 みうらじゅん/著 町山智浩/著 宮藤官九郎/著 能町みね子/著 飯島勲/著 土屋賢二/著 出口治明/著 橘玲/著 海堂尊/著 東海林さだお/著 真山仁/著 益田ミリ/著 408円(税込) 4ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/09/23

    1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です。...

司馬遼太郎関連作品

森秀樹関連作品

伊集院静関連作品

林真理子関連作品

みうらじゅん関連作品

  • ラブノーマル白書 765円
    作家 みうらじゅん
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/05/09

    愛があれば、たとえ世間が眉をひそめるアブノーマルな行為でも、全てノーマルなのだ。 電子書籍版では、著者渾身の“エロエロ”イラストをすべてカラーで収録! 会社勤めをしたこともないのにオフィス・ラ...

  • マイ遺品セレクション 1223円
    作家 みうらじゅん
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/02/07

    「マイ遺品」とは、「死ぬまで捨てるもんか!」と強い意志を持って収集し続けているモノのこと。 還暦過ぎても生前整理や断舎離は一切やらず、人に見せて笑ってもらうためだけに倉庫まで借りて集め続けてい...

  • 「ない仕事」の作り方 724円
    作家 みうらじゅん
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/10/06

    「仏像ブーム」を牽引してきた第一人者であり、「マイブーム」や「ゆるキャラ」の名付け親としても知られるみうらじゅん。とはいえ、「テレビや雑誌で、そのサングラス&長髪姿を見かけるけれど、何が本業なの...

  • 男気の作法 ブロンソンならこう言うね。 1019円
    作家 みうらじゅん 田口トモロヲ ブロンソンズ
    出版社 マガジンハウス
    販売開始日 2018/07/11

    男気とは、自分にいちばん近い人を守る心意気。 宇宙レベルでブレない生き方――。 そして、男気こそがいまの時代を生きぬく切り札! 『POPEYE』大人気連載、待望の書籍化! ◆巻末スペシャル鼎談...

  • 雑談藝 1223円
    作家 いとうせいこう みうらじゅん
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/01/24

    仏像を訪ねる『見仏記』シリーズ、武道館公演や映画化もされた大人気トークイベント『ザ・スライドショー』、展覧会の「仏像大使」活動などでおなじみのいとうせいこう&みうらじゅん。 旅に出るときの新幹線...

  • されど人生エロエロ 804円
    作家 みうらじゅん
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/01/04

    ある時はイメクラで社長プレイに挑戦し、ある時はボウリング場で股間の「マイボール」を思い、またある時は「ゆるキャラの中の人」と付添人の不倫関係を妄想し、さらには創作艶笑落語を一席......。 “...

町山智浩関連作品

宮藤官九郎関連作品

  • NHK大河ドラマ「いだてん」完全シナリオ集 第1部 1936円
    作家 宮藤官九郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/09/05

    2019年のNHK大河ドラマ「いだてん」第1部(第1回~24回)のシナリオ集。 「日本マラソンの父」金栗四三編の興奮が蘇る! 「いだてん」は宮藤官九郎氏が、4年近い月日をかけて完成させた大傑作...

  • ん!? 1223円
    作家 宮藤官九郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/12/14

    「週刊文春」好評連載シリーズの第3弾。NHK連続テレビ小説『あまちゃん』から映画『TOO YOUNG TOO DIE!若くして死ぬ』、TVドラマ『ゆとりですがなにか』『カルテット』『監獄のお姫さ...

  • え、なんでまた? 703円
    作家 宮藤官九郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/05/27

    『あまちゃん』『マンハッタンラブストーリー』『11人もいる!』......あの名セリフが生まれた背景から、撮影現場や日常生活に散りばめられた驚きの発言まで、人気脚本家が言葉について綴ったエッセイ...

  • きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で) 652円
    作家 宮藤官九郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/05/27

    当代一の売れっ子脚本家が放つ、初の小説! 冬の白鳥だけが名物の東北の町で男子高に通う「僕」。ある日、ローカル番組で「おもしろ素人さん」を募集しているのを見つけた僕は、親友たちの名前を勝手に書い...

  • 俺だって子供だ! 866円
    作家 宮藤官九郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/05/27

    家中をおむつだらけにして書いた、私生活丸出しの「かんぱ」成長記 生まれたてなのに態度が部長クラスの娘・かんぱ。誕生から3歳までの成長を余すところなく観察した、爆笑の子育て苦行エッセイ!

  • いまなんつった? 765円
    作家 宮藤官九郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2013/11/15

    『あまちゃん』の生みの親、宮藤官九郎さん。本書は、セリフを書きセリフを覚えセリフを喋って20年、人生の半分をセリフと格闘してきた宮藤さんが耳にし、思わず「いまなんつった?」と振り向いてしまった言...

能町みね子関連作品

飯島勲関連作品

  • ドン―最強の敵か、最良の友か 1650円
    作家 飯島勲
    出版社 プレジデント社
    販売開始日 2017/06/16

    小池百合子都知事の天敵の正体 抵抗勢力と呼ばれた日本の既得権益と闘い続けた飯島が、 今、なぜ、「本当は魅了されている」と告白するのか 弓なりの日本列島を隠然たる権力で差配してきた男たち――。...

  • 小泉官邸秘録 総理とは何か 897円
    作家 飯島勲
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/07/29

    世界情勢が激変する現在、日本の内閣総理大臣に必要なものは何か? 本書では、小泉内閣で首席首相秘書を務めた飯島勲氏が、官邸のすべてを書き尽くしている。郵政民営化は実現できたのはなぜか? 小泉以降の...

  • ヒト・モノ・カネを自在に操る 孫子の兵法 1650円
    作家 飯島勲
    出版社 プレジデント社
    販売開始日 2016/06/28

    やばすぎる男が書き下ろした、ヤバすぎる現代の兵法書。 アメリカが日本の黒幕(“political-fixer”)と名指しした男、その名も、飯島勲。 「兵は詭道なり」 「人を致して人に致されず...

  • ひみつの教養 誰も教えてくれない仕事の基本 1320円
    作家 飯島勲
    出版社 プレジデント社
    販売開始日 2015/03/24

    これくらいの教養は持ちなさい! 本書は内閣参与(特命担当)として政権の中枢で執務する飯島勲氏初の「教養本」である。 マジメに知識を詰め込むだけではどう使っていいかわからない。 そんな悩みを飯島氏...

  • 政治の急所 838円
    作家 飯島勲
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2014/03/28

    これが飯島流インテリジェンスの極意だ! 小泉元首相の秘書官として活躍し、第二次安倍政権の内閣官房参与として首相官邸に復帰した飯島勲氏。いまや政治の要諦を誰よりも知る人物といえるでしょう。本書では...

  • 人生「裏ワザ」手帖 1047円
    作家 飯島勲
    出版社 プレジデント社
    販売開始日 2014/03/21

    混迷を深める日本経済のなかで勝ち残っていくために必要な知恵と覚悟を、明日からすぐに実践できる形で示した一冊。

土屋賢二関連作品

  • われ大いに笑う、ゆえにわれ笑う 755円
    作家 土屋賢二
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/08/02

    森羅万象を笑い飛ばす ユーモア哲学エッセイ集!! 名作「わたしのギョーザをとって食べた人へ」をはじめ、「胃カメラからの生還」「妻への詫び状」 「論よりだんご」「女性を徹底的に賛美する」「わたし...

  • 人間は考えるFになる 440円
    作家 森博嗣 土屋賢二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    超文系と超理系、こんなに違うものなのか! 専門も興味も異なる二人の対談集。土屋賢二の初短編小説も収録。

  • ツチヤ学部長の弁明 586円
    作家 土屋賢二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    “笑う哲学者”ツチヤ教授が、学部長を任命されてからの苦悩の日々。そして変わらぬ女への不満。笑って前向きになれる1冊。

  • 純粋ツチヤ批判 607円
    作家 土屋賢二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    パリの九千キロ東の岡山県で生まれた余は、如何にしてツチヤとなりし乎。哲学教授の失敗人生をあますところなく語る爆笑エッセイ集。

  • そしてだれも信じなくなった 693円
    作家 土屋賢二
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/11/09

    謝罪会見シミュレーション、大学の七不思議、敬語の存在意義、やたら待たされる銀行、○○するだけダイエット、習慣がもたらす弊害、愛のかけらも感じられない妻との日々。「だれも信じられない」出来事の数々...

  • 年はとるな 693円
    作家 土屋賢二
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2017/10/06

    週刊文春好評連載エッセイ ワハハと笑って、フムフム考えて、日々悩む これぞ、究極のアンチエイジング!? 若いつもりがいつの間にか年をとり、気になるのは日常生活のあれこれ。 「引きこもり予防法...

出口治明関連作品

橘玲関連作品

海堂尊関連作品

東海林さだお関連作品

真山仁関連作品

益田ミリ関連作品

  • 14歳からの宇宙論 880円
    作家 佐藤勝彦 益田ミリ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/09/06

    アインシュタインの宇宙モデル、ブラックホール、暗黒エネルギー、超弦理論、100兆年後の未来......138億年を一足飛びに知る、宇宙入門の決定版。益田ミリ「138億年の向こうへ」マンガも収録!

  • せいのめざめ 1144円
    作家 益田ミリ 武田砂鉄
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2017/02/17

    修学旅行の夜、プールの授業、エロ本と夏休み......。「あの頃、女子は何を考えていたのだろう?」「教室の男子と性は、うまく結びつかなかった――」妄想と憧れが暴走した日々を鮮やかに描く。 「知...