読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

武器が語る日本史

武器が語る日本史
電子書籍版
価格 1683円(税込)
ポイント還元 16ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 248
販売開始日 2019/10/26
紙書籍版 取り扱い中

歴史は戦争がつくった。
――だから軍事から見れば歴史がよくわかる!

中国で弓は、兵士の訓練を不要にする弩が主流であった。
ところが日本では扱いの難しい大型の和弓が発達した。
鏃も殺傷力を高める返しは平安末期には失われる。
なぜ攻撃の道具も防御の装具も、日本独特になっていったのか?
さらに疑問は続く......

●なぜ日本の合戦では「投げ槍」は使われなかったのか......?
●なぜ日本の「楯」はシンプルな板状なのか......?
●なぜ日本の武士は顔の真正面を装甲しなかったのか......?
●なぜ日本からは「銃剣」が発明されずに西欧人がさきがけたのか......?
●日本の馬は、強かったのか、弱かったのか......?

槍や楯の形状、騎兵の役割から火縄銃の性能、
第二次世界大戦における戦車の配備展開など、
運用面も含めて実証的に検証することで、
日本史の隠された真実を浮き彫りにする。

[本書の内容]
第1章 日本軍はなぜ「投げ槍」を使わなかったのか
第2章 朝鮮半島から離れたことで変容した日本の武器性能
第3章 鉾と楯から見た日本の武器事情
第4章 日本の騎兵はどのように戦ったのか
第5章 日本の弓はいったいどれくらいの威力があったのか
第6章 楯を軽視した特殊事情
第7章 テレビ時代劇とはまったく違う日本の合戦
第8章 なぜ大砲をうまく使いこなせなかったのか
第9章 日本人はなぜ火縄銃に銃剣をつけなかったか
第10章 日本陸軍はなぜ《性能が劣った戦車》にこだわり続けたのか

兵頭二十八関連作品

徳間書店関連作品

  • 新着!
    国道食堂 1st season 1683円
    作家 小路幸也
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2020/01/16

    賑やかな町を離れ、国道沿いにある通称「国道食堂」。ドライブインというより、大衆食堂という感じだからか、そう呼ばれている。おまけに、店の中には、リングがある。そう、プロレスで使うヤツ。なぜかという...

  • 夜光雲のサリッサ (1~4巻) 660円
    作家 松田未来 ※Kome
    出版社 徳間書店
    レーベル RYU COMICS
    掲載誌 COMICリュウ
    販売開始日 2020/01/11

    【電子限定特典ペーパー付き】成層圏上層より飛来する謎の巨大飛行生命体・天翔体。あまりにも圧倒的な能力に人類は抗う事ができない...。人類の希望は“火球の子”と呼ばれる特殊能力を持った子供達の手に...

  • ヒトミ先生の保健室 (1~12巻) 660円770円
    作家 鮭夫
    出版社 徳間書店
    レーベル RYU COMICS
    掲載誌 COMICリュウ
    販売開始日 2020/01/11

    ヒトミ先生は...優しい瞳と巨乳が魅力のモノアイ養護教諭。性別不明の助手・樹くんとふたり、いつでも温かく迎えてくれます。そんなヒトミ先生の保健室にやってくるのは...心と身体に悩みを抱えた生徒た...

  • 暴れ旗本御用斬り 黄金の峠 550円
    作家 井川香四郎
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2020/01/10

    「暴れ旗本御用斬り」シリーズ第4巻! 本作品は「暴れ旗本御用斬り 黄金の峠」を加筆修正した新装版です。

  • 暴れ旗本御用斬り 雲海の城 550円
    作家 井川香四郎
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2020/01/10

    「暴れ旗本御用斬り」シリーズの第5巻! 三河以来の直参旗本で、大目付の大河内右京。“ひょうたん息子”と呼ばれていた頃から、市井に混じり、庶民の生活をよく知る彼ならではの目線で、身分の上下に関わら...

  • 暴れ旗本御用斬り 虎狼吼える 550円
    作家 井川香四郎
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2020/01/10

    人気シリーズ「暴れ旗本八代目」に続く第2章。瓢箪息子と呼ばれた大河内右京が大目付に就任。その活躍を描く待望の第3巻。本作品は「暴れ旗本御用斬り 虎狼吼える」を加筆修正した新装版です。

「日本史 一般」カテゴリ