読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

2050年のメディア

2050年のメディア
電子書籍版
価格 1901円(税込)
ポイント還元 19ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 440
販売開始日 2019/10/25
紙書籍版 取り扱い中

読売、日経、ヤフー、波乱のメディア三国志!
紙かデジタルか? 技術革新かスクープか?

「読売はこのままでは持たんぞ」
2018年正月の読売賀詞交換会。いつも「経営は磐石」と太鼓判を押す渡邉恒雄がその年は違った。「紙の王国」に大きな危機が訪れていた。
分水嶺は2005年に訪れていた。
1995年には存在すらしていなかったヤフー・ジャパン。
そのヤフーは、読売からのニュース提供をうけて、月間224 億PVという巨大プラッットフォームに成長。
危機感を抱いた読売新聞の社長室次長山口寿一(後のグループ本社社長)は、ヤフーに対抗して新聞社が独自のプラットフォームを持つことを思いつく。
日経、朝日に声をかけ、ヤフー包囲網がしかれたかに見えたが・・・。
同じ時期、日本経済新聞社長の杉田亮毅は、無料サイトにみきりをつけ、電子有料版の準備をひそかに進めていた 。

序章 読売はこのままでは持たんぞ
第一章 最初の異変
第二章 中心のないネットワーク
第三章 青年は荒野をめざす
第四章 読売を落とせ
第五章 ライントピックス訴訟一審
第六章 戦う法務部
第七章 日経は出さない
第八章 真珠のネックレスのような
第九章 朝日、日経、読売が連合する
第一〇章 「あらたにす」敗れたり
第一一章 アンワイアード
第一二章 イノベーションのジレンマを破る
第一三章 日経電子版創刊
第一四章 内山斉退場
第一五章 「清武の乱」異聞
第一六章 論難する相手を間違っている
第一七章 ニューヨーク・タイムズの衝撃
第一八章 両腕の経営は可能か?
第一九章 スマホファースト
第二〇章 ヤフー脱藩
第二一章 ノアドット誕生
第二二章 疲弊する新聞
第二三章 未来を子どもにかける
第二四章 未来をデジタルにかける
第二五章 未来をデータにかける
終章 2050年のメディア

文春e-book関連作品

  • 平蔵 1801円
    作家 逢坂剛
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/01/24

    殿のご母堂は、ご存命なのでございますか? 悪い奴は誰も、その男の顔を知らない――。 「鬼平」へのオマージュをこめて描く逢坂版〈火付盗賊改・長谷川平蔵〉シリーズ。 長谷川平蔵は父・宣雄の庶子であ...

  • 雲を紡ぐ 1801円
    作家 伊吹有喜
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/01/23

    「分かり合えない母と娘」 壊れかけた家族は、もう一度、一つになれるのか? 羊毛を手仕事で染め、紡ぎ、織りあげられた「時を越える布・ホームスパン」をめぐる親子三代の「心の糸」の物語。 いじめが...

  • 将棋指しの腹のうち 1200円
    作家 先崎学
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/01/22

    将棋指しとメシをめぐる物語。 羽生善治と食べたステーキ、加藤一二三と明治チョコレートの秘密、藤井聡太ブームで聖地になった居酒屋兼そば屋......。 棋士たちは何を食い、何を語り、将棋に挑み続け...

  • 原色美人キャスター大図鑑2020 1701円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/01/22

    セント・フォース所属の美人キャスターが勢揃い! 撮り下ろし多数、テレビとは違う表情に出会える永久保存版の写真集! ・豪華撮り下ろし! 阿部華也子、新井恵理那、岡副麻希、川田裕美、柴田阿弥、中川...

  • 週刊文春WOMAN (1~4巻) 398円499円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/01/20

    新創刊! 世の中で起きていることの本質を自分の目と耳でとらえ、 自分の足で生きる道を切り開いていきたいと願う、 大人の女性のための年3回刊の雑誌です。 【スペシャルグラビア】 ■表紙画を描...

  • テレビ朝日番組公式ムック やすらぎの刻 人生が豊かにな... 1200円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/01/16

    人気ドラマ「やすらぎの刻~道」。いよいよ大団円へと向かう「老い」の物語は、それぞれの過去の栄光と現実を映し出す。名脚本家と、実際に役を演じた大スターあわせて17人にインタビュー。その実人生から紡...

文藝春秋関連作品

「選書・双書シリーズ」カテゴリ