読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

森家の討ち入り

森家の討ち入り
電子書籍版
価格 693円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 272
販売開始日 2019/11/14
紙書籍版 取り扱い中

赤穂四十七士――その中に、津山森家に縁が深いものたちがいた。神崎与五郎、横川勘平、茅野和助。彼らはそれぞれの理由から、赤穂藩主・浅野長矩に仕え、刃傷事件からの吉良邸討ち入り、そして最後は帰らぬ人となった。忠義のために生きた彼らと、そこには彼らを支える、「女」たちの戦いもあった。それぞれの忠義のために、己の生き様を貫いた男と女の姿が、そこにはあった――。新たな忠臣蔵の傑作が、ついに登場。『与五郎の妻』ゆいは5年前まで江戸詰めの夫と目黒の下屋敷で暮らしていた。ところが騒乱のせいで津山森家が改易、夫とは離縁を余儀なくされる。一度は実家へ戻ったゆいだったが、再び嫁ぎ、今は江戸作事奉行の妻となっていた。前の夫―神崎与五郎の消息は分からぬまま、日々淡々と過ごしていた。そんなゆいのもとに、謎の人物から、森家の家紋が入った扇が届けられた。一体誰が、何のために。そして前の夫は――。『和助の恋』国家老の密命を帯びた茅野和助は先代の死去に伴い、津山森家の家督を継ぐことになった式部衆利のもとへ急いでいた。その道中、何ものかに襲われる。そこに通りがかった、赤穂浅野家の陣屋に住まう郡奉行・吉田忠左衛門一行により助けられる。そこで和助は手厚い看護を、伊登から受ける。『里和と勘平』里和は津山森家存亡の危機を阻止するため、御犬小屋に忍び込んだ。そこで出会ったのは、かつて思い合っていた横川勘平、その人だった。遂げられれなかった思いが再燃する二人。だが、今は立場があまりにも違う二人がとった道は――。他2編収録。

諸田玲子関連作品

  • 末世炎上 770円
    作家 諸田玲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    髪奈女、橘音近、在原風見。付け火に怯え、末法思想の蔓延る平安京で、三人は、自らの生きる道を選び出す。

  • からくり乱れ蝶 660円
    作家 諸田玲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    次郎長と勝蔵二人の侠客(おとこ)に愛された女。二代目お蝶の短くも鮮烈な生き様を描く傑作時代小説。

  • 昔日より 550円
    作家 諸田玲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    町娘の恋を手助けする、家康の元寵妾と配下の老忍を描いた「黄鷹」ほか、心に沁みる人情の傑作短編集、全8編。

  • 天女湯おれん 660円
    作家 諸田玲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    粋で婀娜な、湯屋の女将、おれん。辻斬り、窃盗、心中、お家騒動。次々と起こる騒動の中、おれんの恋は実るか!?

  • 空っ風 550円
    作家 諸田玲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    幕末、社会が変わり価値観が変わった。東海道一の親分といわれた清水次郎長の子分・小政は、時代にいらだちを感じていた。

  • 笠雲 605円
    作家 諸田玲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    新政府から富士の裾野の開拓を任された清水次郎長。子分の大政は後ろめたさを感じながらも使役される囚人の監督のため現場に赴くが?

講談社文庫関連作品

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    時の扉 660円
    作家 辻邦生
    出版社 小学館
    レーベル P+D BOOKS
    販売開始日 2020/04/09

    贖罪の日々を送る男に許される日は来るのか。

  • 新着!
    フーちゃん三部作 (1~3巻) 605円715円
    作家 庄野潤三
    出版社 小学館
    レーベル P+D BOOKS
    販売開始日 2020/04/09

    懐かしい本と、孫娘がある幸せを噛みしめる。

  • 新着!
    注文の多い料理小説集 711円
    作家 柚木麻子 伊吹有喜 井上荒野 坂井希久子 中村航 深緑野分 柴田よしき
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/04/08

    小説の名手たちが「料理」をテーマに紡いだ とびきり美味しいアンソロジー。 うまいものは、本気で作ってあるものだよ―― 最高級の鮨&ワイン、鮪の山かけと蕗の薹の味噌汁、カリッカリに焼いたベーコン...

  • 新着!
    メフィスト 770円
    作家 講談社文芸第三出版部
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/04/08

    ヒットメーカー・西尾維新の待望新連載「新本格魔法少女りすか」&一挙掲載「人類最強のヴェネチア」ほか豪華執筆陣登場!

  • 新着!
    新・秋山久蔵御用控 (1~7巻) 765円770円
    作家 藤井邦夫
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/04/08

    “剃刀”の異名を持つ南町奉行所吟味方与力・秋山久蔵。長男・大助を従えて許せぬ悪に立ち向かう。大人気シリーズ、待望の第二幕スタート! 南町奉行所吟味方与力の“剃刀”こと秋山久蔵。前作から約10年...

  • 新着!
    侠飯 (1~6巻) 641円744円
    作家 福澤徹三
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/04/08

    グルメ×任侠!! 書き下ろし小説! 就職活動中の大学生が暮らす6畳のワンルームに転がり込んできたヤクザは、妙に「食」にウルサイ男だった! 異色グルメ小説。

  • 新着!
    鮪立の海 1001円
    作家 熊谷達也
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/04/08

    三陸海岸の入り江にある港町「仙河海」。 大正十四年にこの地に生まれた菊田守一は、「名船頭」として名を馳せた祖父や父に憧れ、一人前の漁師になることを夢見ていたが、戦争がはじまり、守一が乗っていた船...

  • 新着!
    くちなし 681円
    作家 彩瀬まる
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/04/08

    直木賞候補&第五回高校生直木賞受賞の傑作短篇集 別れた男の片腕と暮らす女。運命で結ばれた恋人に会うと体に咲くという花。幻想的な世界がリアルに浮かび上がる繊細で鮮烈な短篇集。 解説・千早茜 ※こ...

  • 新着!
    愛の宿 770円
    作家 花房観音
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/04/08

    もし、あの夜、あのホテルに泊まらなければ――。 ある夜、ラブホテルに偶然泊まり合わせた男女の性愛の営みを、官能と情念の名手が描き出す短編集。 京都の繁華街にひっそりとたたずむラブホテル。土曜日...

  • 新着!
    幸せのプチ 880円
    作家 朱川湊人
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/04/08

    「キミはもしかして、大切な人を亡くした経験があるのかい?」 昭和40~50年代の景色の中で語られる、涙腺決壊必至の物語。 若い日の罪が眠る、懐かしい町・琥珀。 当時と変わらない喫茶店「青猫」で...

  • 新着!
    ぷろぼの 人材開発課長代理 大岡の憂鬱 850円
    作家 楡周平
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/04/08

    変態リストラ部長にこの世の地獄を! 会社を食い物にする極悪人に、ボランティア仕置き人が鉄槌を下す痛快エンターテインメント。 業界大手のパシフィック電器は、人事部労務担当部長の江間を中心に大規模...

  • 新着!
    ブルーネス 1001円
    作家 伊与原新
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/04/08

    〈津波監視システム〉は実現できるのか? はぐれ研究者たちの情熱溢れる理系エンタメ! 「津波監視システムの実現に手を貸して欲しい」。 東日本大震災後、地震研究所を辞めた準平は、学会で異端視されて...