読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

本意に非ず

本意に非ず
電子書籍版
価格 1500円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 248
販売開始日 2019/11/11
紙書籍版 取り扱い中

光秀はなぜ信長を討ったのか――。
文庫書き下ろしの人気作家による本格歴史小説集!

明智光秀――一番愚かなのは余よな。気づかぬうちに愚挙の旗印にされていた。
松永久秀――極悪の者という評判は三好ではなく、松永が引き受けましてござる。
伊達政宗――父を死なせ、弟を殺し、得たものはなんだ......。
長谷川平蔵――夢は潰えたか。ならば、火付盗賊改方の鬼と言われてくれる。
勝海舟――龍馬と西郷を犠牲にして、それをこの眼で見なきゃいけねえのが一番の後悔だ。

歴史の流れに逆らえず、理想や志と裏腹な決意をせねばならなかった男たちの無念と後悔を描く傑作歴史小説集。

上田秀人関連作品

  • 禁裏付雅帳 (1~9巻) 715円726円
    作家 上田秀人
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2019/10/09

    幕府の密命で京に向かう若き使番東城鷹矢。警戒心をあらわにする朝廷。鷹矢は巨大な陰謀に身を投じる。待望の新シリーズ、開幕!

  • 流葉断の太刀 裏用心棒譚二 1683円
    作家 上田秀人
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2019/09/10

    松平家の家宝を盗んでほしい――。 田沼意次が盗賊たちに下した密命は驚くべきものだった。 徳川家を祟るとして東照宮に秘蔵されていた流葉断の太刀を、 松平定信が秘密裏に持ち出した形跡がある。 それを...

  • 裏用心棒譚一 茜の茶碗 748円
    作家 上田秀人
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2019/08/06

    当て身一発で追っ手を黙らす。浪人の小宮山は凄腕の見張り役だ。盗賊からの信頼も篤く、仕事は引きもきらない。しかし彼には、裏の顔があった――。相馬中村藩に下賜された茜の茶碗が盗まれた。事が露見すれば...

  • 奥右筆秘帳 (1~13巻) 550円744円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    立花併右衛門は権勢を誇った田沼意次の孫意明の死亡届を見て、12年前の田沼意知刃傷事件に疑念をはさむ。

  • 天主信長 (1~2巻) 796円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    安土城で信長が見据えた天下とは? 本能寺を舞台に、未曾有の計画が実行されようとしていた。戦国最大の謎に新説を提示する衝撃作。

  • 百万石の留守居役 (1~13巻) 726円748円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    四代将軍家綱の後継になんと加賀藩主前田綱紀を担ぎ出そうとする動きが。外様取り潰しの策略か。藩論二分する中で瀬能数馬は江戸へ。

文春e-book関連作品

「歴史・戦記」カテゴリ