読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

本当に大切なことを気づかせてくれる「ディズニー」 魔法の知恵

本当に大切なことを気づかせてくれる「ディズニー」 魔法の知恵
電子書籍版
価格 1650円(税込)
ポイント還元 16ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 240
販売開始日 2019/11/20
紙書籍版 取り扱い中

ディズニーアニメが100倍楽しくなる22の物語

名作アニメにはいずれも人生にとって大事なメッセージが込められています。
単に面白いだけでなく、とても役に立つのです。
ただ作品を観ただけでは、そう簡単に理解できないメッセージもあります。
あるいは、作者も気づいていないような深いメッセージが隠されていることもあります。
そうしたメッセージを解説したり、発掘して意味を考えたりするには、何か道具が必要なのです。そこで役立つのが哲学だというわけです。

歴史上の哲学者たちが残してくれた知の結晶は、よく誤解されているように難解で役に立たないどころか、本当は物事の隠れた本質を暴き出すのにとても有用なのです。
本書でも著者は巧みにそうした哲学者たちの英知を道具として用い、ディズニーアニメのそれぞれの作品に込められた生きるうえでのヒントを明確に示してくれています。
どの作品も人生のどこかで観たことがありましたが、私も今回あらためていろいろな発見がありました。

哲学者たちが書いていることは、長年の吟味に耐えてきた信頼のおけるものです。
本書で語られる、時にシニカルで、時にユーモアたっぷりのアドバイスもまた、信頼のおけるものだといっていいでしょう。
もちろん、哲学は物事を疑って自分の頭で考える営みですから、いったん自分の頭で吟味するプロセスを持つことができれば、なお素晴らしいでしょう。
その哲学のやり方も本書を読めばわかると思います。

アニメは二度人生の教師になります。
一度目は子どものときにわかりやすく生きるヒントを与えてくれる教師として。二度目は大人になってから深く考えさせられる人生のヒントを与えてくれる教師として。そして言うまでもなく、二度目にアニメをよりよい人生の教師にしてくれるのは、哲学の力にほかならないのです。

最後に著者が書いているように、学ぶときは楽しまなければなりません。
(監修者解説より)

小川仁志関連作品

永田千奈関連作品

「哲学・思想入門」カテゴリ

  • 14歳からの哲学入門 「今」を生きるためのテキスト 990円
    作家 飲茶
    出版社 二見書房
    販売開始日 2019/12/11

    14歳の頃に訪れる「常識の崩壊」。それを乗り越えるとき、哲学が始まる――200年先の未来を考えるための教科書

  • だったら哲学があるじゃない! カント、ニーチェ、プラト... 1232円
    作家 マリー・ロベール 山本知子
    出版社 双葉社
    販売開始日 2019/12/06

    「哲学」は小難しいものでも、有難がるものでもない。いつも反省しているのにお酒を飲みすぎてしまう、彼氏にフラれた、愛犬が死んでしまった、歳をとるのが憂鬱......などなど、日常の些細な悩みにぶつ...

  • 哲学で自分をつくる 19人の哲学者の方法 1320円
    作家 瀧本往人
    出版社 東京書籍
    販売開始日 2019/11/01

    自分探しから「自分作り」へ! ソクラテスからドゥルーズまで19人の哲学者の思想・人生を,現代に生きるわれわれにとってのリアルな問いとして捉え直す。新しい入門書。未来が見えない時代にこそ,哲学が役...

  • マンガ哲学辞典 1650円
    作家 橋本治
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2019/10/11

    「広告批評」に連載された『マンガ哲学辞典』が待望の初「単独」書籍化!人間関係を巡る「枠」やジェンダーについてetc.パロディを駆使しながら橋本治が贈る、現代にも響く傑作。

  • 維新と敗戦 1760円
    作家 先崎彰容
    出版社 晶文社
    販売開始日 2019/09/27

    これから先、日本はどうなるのか?どのような国のかたちが皆の幸せになるのか?経済成長だけ追い求めていていいのか?日本人らしさとは何か?天皇制とは?福澤諭吉から保田與重郎、丸山眞男、橋川文三、網野善...

  • 四苦八苦の哲学 1540円
    作家 永江朗
    出版社 晶文社
    販売開始日 2019/09/27

    人生は思いのままにならないことばかり。世の中は苦に満ちている。あーあ、いやんなっちゃった、どうしよう...こうした気持ちと、人はどう折り合いをつけていったらいいのだろう?プラトン、ハイデガーから...

  • 進歩 1650円
    作家 ヨハン・ノルベリ 山形浩生
    出版社 晶文社
    販売開始日 2019/09/27

    いたるところ破滅と悲惨―ニュースやメディアが書き立てるネガティブな終末世界、そんなものは嘘っぱちだ。啓蒙主義思想が普及して此の方、世の中はあらゆる面でよくなってきた。食べ物も増え、衛生設備もぐっ...

  • 原発とジャングル 1650円
    作家 渡辺京二
    出版社 晶文社
    販売開始日 2019/09/27

    原発に象徴されるのは現代の科学物質文明で、ジャングルに象徴されるのは物質文明に侵されていない民の生活。ジャングルの民は豊かではないが、共同体の信頼のもと朗らかに暮らしている。文明か未開か、進歩か...

  • 哲学と宗教全史 2376円
    作家 出口治明
    出版社 ダイヤモンド社
    販売開始日 2019/08/08

    ライフネット生命創業者でAPU学長・出口治明が初めて語る哲学と宗教全史。日本人最大の弱点、世界史、哲学、宗教が一冊に凝縮

  • 〈世界史〉の哲学 (1~5巻) 1650円2860円
    作家 大澤真幸
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/17

    イエスはなぜ殺されたのか。その死と復活を記した福音書は喜劇なのか。常識を覆しつつ紡がれる、まったく新しい<世界史>という物語

  • 場所と産霊 近代日本思想史 1760円
    作家 安藤礼二
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/16

    安藤礼二氏が、現代人を規定している「思想」を、近代日本に独創的な成果をもたらした人々の苦闘の軌跡から考える。

  • 『不思議の国のアリス』の分析哲学 1815円
    作家 八木沢敬
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/15

    ハンプティー・ダンプティーという名前には卵形の意味がある?ここから始まる意味についての分析とは。アリスと哲学を同時に楽しむ!