読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

うわさの怪談

うわさの怪談
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 825円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 296
販売開始日 2019/11/29
紙書籍版 取り扱い中

『ムー』編集長、推薦! テレビ出演多数、気鋭の怪談の語り部が全国各地から蒐集した53の「実話怪談」。付き合う女性の左手首に必ず現われるミミズ腫れ、「閉まらずの扉」の向こうで蠢くもの、異界と繋がる公衆電話、JR山手線S駅近くのラーメン店で毎夜起こる怪、撮影したビデオを回すとやってくる訪問者......「じわり」と澱のように、心に溜まっていく恐怖――あなたにも、こんな不思議な体験はありませんか?【著者より】この本で語られている怪談は全て、本当にあったかもしれない話です。うっかり見落としてしまいそうなほど小さな謎。ちょっとした、なぜ起きたのかわからない行き違い。そうした「ささいな出来事」の奥底にも深い恐怖はたたえられていることがあります。とてつもない怖ろしさが、もしかしたらあなたのすぐそばにも転がっているかもしれません。

吉田悠軌関連作品

  • 恐怖実話 怪の残像 715円
    作家 吉田悠軌
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2019/02/28

    内容紹介 怪しいブードゥー人形をクスコさんは海に流した。さ迷う呪いは...。怪異の現場に密着する、吉田怪談! 怪異が起こる場所にはいったい何があるのか? いわくのある現場に訪れ、怪談を蒐集する...

  • 禁足地巡礼【電子特別版】 935円
    作家 吉田悠軌
    出版社 扶桑社
    レーベル 扶桑社BOOKS新書
    販売開始日 2018/11/09

    大島半島ニソの杜、氣比神宮の社叢、沖縄の御嶽、八幡の藪知らず、将門の首塚、対馬のオソロシドコロetc. 人が足を踏み入れてはならない場所が、日本各地には点在している。

  • 一行怪談 (1~2巻) 550円612円
    作家 吉田悠軌
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文芸文庫
    販売開始日 2018/08/03

    「公園に垂れ下がる色とりどりの鯉のぼりに、一つだけ人間が混じっている。」一行のみで綴られる、奇妙で恐ろしい珠玉の怪談小説集。

  • ムー実話怪談「恐」選集 891円
    作家 吉田悠軌
    出版社 学研
    販売開始日 2018/07/27

    月刊ムーに投稿された恐怖体験談を厳選収録。80年代初期から2000年代まで、実話怪談の歴史を追うような体験へ誘う。

  • 恐怖実話 怪の手形 715円
    作家 吉田悠軌
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/02/14

    内容紹介 事故・事件の現場では残恨が呪う! 驚愕のドキュメント実話怪談! 聞き及んだ怪談の現場に足を運び、怪異の舞台に遺された忌まわしい記憶を綴った渾身の一冊。講堂の奥に隠された扉を見つけ...

  • 禁足地帯の歩き方 990円
    作家 吉田悠軌
    出版社 学研
    販売開始日 2017/10/25

    オカルトスポット探訪者・吉田悠軌による「禁断の場所」訪問ルポ。禁足地、奇祭、聖地、怪談現場、死の世界などを案内する。

王様文庫関連作品

「哲学・思想」カテゴリ