読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

結婚は、賭け。 夫婦、この不思議な関係

結婚は、賭け。 夫婦、この不思議な関係
電子書籍版
価格 1100円(税込)
ポイント還元 11ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 208
販売開始日 2019/11/29
紙書籍版 取り扱い中

結婚だけではない。私は自分が努力家でないせいか、すべてものごとの結果は最終的には運だ、努力ではない。と思っている。(「はじめに」より抜粋)夫婦とは、結婚とは滑稽なもの。時には50年以上も一緒に暮らすことになる夫婦だが、わかり合えないから、理不尽だからこそ面白い。夫婦とは、家族とは、人生とは何か――。おしどり夫婦と言われてきた作家の三浦朱門との生活を綴った名エッセイが新装復刊されたものを電子書籍化! よく計算して決めたはずの結婚が、しばしば続かない例は世間に多いし、予期しなかった相手の性格が、夫婦の危機を救う場合もある。「ほとんどすべてが、予期しなかった結果」であるのが、結婚というものかもしれない。(「はじめに」より抜粋)

曽野綾子関連作品

  • 地球の片隅の物語 950円
    作家 曽野綾子
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2020/02/07

    世界各地の新聞の片隅で見つけた「小さなドラマの大きな真実」。平和、自由、善意といった、日本人の無邪気な価値観を鮮やかに裏切る。

  • 遠来の客たち 561円
    作家 曽野綾子
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/01/31

    今も健筆を誇る作家曽野綾子のデビュー作がよみがえった! 芥川賞候補になった短編「遠来の客たち」を収めた、全7編からなる短編集。 20代に書かれた作品群は、いずれもみずみずしく、意欲に満ちている。

  • 夫婦の情景 660円
    作家 曽野綾子
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/01/31

    夫婦にとって何が大切で、何が夫婦に幸せをもたらすのか。そして、夫と妻、それぞれの幸せと不幸せとはいったい何なのか? 壊れやすい夫婦の愛と心を、温かいまなざしで描いた極上の短編集。

  • この世の偽善 人生の基本を忘れた日本人 950円
    作家 金美齢 曽野綾子
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2020/01/31

    なぜ生活保護者がこんなに多いのか? 己の不遇を社会や時代のせいにして、自身の力を磨かなくなった日本人の自己愛、怠惰を叱る。

  • 結婚は、運。 夫婦、この不思議な関係 1000円
    作家 曽野綾子
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2020/01/31

    結婚で幸せになれるかどうか51%以上は運!? 曽野流・体験的「夫婦生活」の知恵。夫・三浦朱門との最後の日々の日記も収録し新装復刊したものを電子書籍化。

  • 絶望からの出発 950円
    作家 曽野綾子
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2020/01/31

    親が子を虐待し、子が親を憎む社会がなぜ生まれたのか。ベストセラー作家が信念と共に記す、きれいごとや俗説を超える実感的教育論。

PHP研究所関連作品

「社会心理学」カテゴリ