読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

忠臣蔵の姫 阿久利

忠臣蔵の姫 阿久利
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1485円(税込)
ポイント還元 14ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 288
販売開始日 2019/12/09
紙書籍版 取り扱い中

姫こそが浪士の希望。新「忠臣蔵」の誕生。

時は、江戸幕府が生類憐れみの令を発していた元禄の頃。
広島三次藩に生まれた美しい栗姫、のちの阿久利姫は、播磨赤穂藩の浅野内匠頭長矩に輿入れしてからというもの、大名火消しや勅使饗応、藩の政治に励む夫を支え、家臣を家族とも思い、面倒を見てきた。
しかし、勅使饗応の指南役である高家筆頭・吉良上野介の「依頼」を断ってから、平穏な暮らしに目に見えないひびが入りはじめる――。
胸騒ぎを感じながら過ごしていたある日、火事場でとった内匠頭のとっさの「行い」から、五代将軍徳川綱吉の側近である柳沢保明からも不興を買ってしまう。
質実剛健で質素倹約、大名火消しとして江戸者の人気をさらう内匠頭を目障りに思う、吉良と柳沢はとうとう赤穂藩改易を企む。
吉良のしつこい嫌がらせに、次第に身心を病んでゆき、つかえを発症した内匠頭。
疲弊した夫を癒そうと必死になる阿久利の努力も空しく、内匠頭は江戸城中松の廊下で吉良へ刃傷に及ぶ。
即日切腹を聞かされ、藩邸引き払いを命じられた阿久利は、吉良の沙汰を待つが......。
赤穂浪士一縷の望み、阿久利の静かな闘いが今はじまった。
広島県三次市出身の大人気時代小説作家が描く、新しい「忠臣蔵」!

佐々木裕一関連作品

小学館関連作品

「歴史・戦記」カテゴリ

  • 新着!
    呉漢 1628円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/01/21

    後漢を打ち立てた光武帝・劉秀に最も信頼された武将・呉漢。貧家に生まれながらも、幾多の鮮烈な戦いを乗り越え、光武帝を中国全土統一へと導いた生涯を描く

  • 新着!
    呉漢 (全2巻) 814円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/01/21

    ただの小石が、黄金に変わることがあるだろうか――。貧家に生まれ、一生、地を耕して生きて行くと思っていた呉漢は、天下統一を目指す劉秀とめぐりあい、その将となるが......。後漢を建国し、中国統一...

  • 源氏九郎颯爽記 660円
    作家 柴田錬三郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/17

    義経が鞍馬山の化生者から授けられたという火焔水煙の雌雄剣に秘められた家康の財宝をめぐって、源氏九郎の秘剣揚羽蝶が華麗に舞う。

  • 異人館 (1~2巻) 715円770円
    作家 白石一郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/17

    倒幕の黒幕となったグラバー、野望の生涯。武器商人として長崎随一の財を成した男が見据えた幕末の裏面史! 真実の一代記。

  • 花鳥の乱 利休の七哲 715円
    作家 岳宏一郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/17

    剣と茶に命を賭ける魂熱き乱世の武士たち。千利休門下の7人の侍、古田織部、高山右近、荒木村重らの鮮烈な生! 乱世の人間曼荼羅。

  • 覇権交代 (1~7巻) 990円1078円
    作家 大石英司
    出版社 中央公論新社
    レーベル C★NOVELS
    販売開始日 2020/01/17

    韓国の離反がアメリカの威信を傷つける。激怒したアメリカの行動は!?「第三次世界大戦」に続く新たなシリーズが開幕!

  • 武士道 鍋島直茂 1683円
    作家 近衛龍春
    出版社 実業之日本社
    販売開始日 2020/01/17

    「葉隠」の思想を生んだ九州・佐賀藩の藩祖・鍋島直茂。主家に忠義を示しつつ下剋上を行った、戦国武将の人生を描く歴史小説!

  • 戦始末 726円
    作家 矢野隆
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/15

    「島津の退き口」「金ヶ崎の退き口」など、負け戦にこそ後の僥倖が転がっていた。戦国時代の七つの殿軍戦を描いた異色歴史小説!

  • 治部の礎 1034円
    作家 吉川永青
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/15

    あの嫌われ者は、何のために闘い続けたのか――。歴史の細部を丁寧に掬う作家が現代人に問う、石田三成の志。渾身の書き下ろし長編。

  • 暴れ旗本御用斬り 雲海の城 550円
    作家 井川香四郎
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2020/01/10

    「暴れ旗本御用斬り」シリーズの第5巻! 三河以来の直参旗本で、大目付の大河内右京。“ひょうたん息子”と呼ばれていた頃から、市井に混じり、庶民の生活をよく知る彼ならではの目線で、身分の上下に関わら...

  • 暴れ旗本御用斬り 龍雲の群れ 550円
    作家 井川香四郎
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2020/01/10

    新章に入った「暴れ旗本」シリーズの第2巻!本作品は「暴れ旗本御用斬り 龍雲の群れ」を加筆修正した新装版です。

  • 暴れ旗本御用斬り 虎狼吼える 550円
    作家 井川香四郎
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2020/01/10

    人気シリーズ「暴れ旗本八代目」に続く第2章。瓢箪息子と呼ばれた大河内右京が大目付に就任。その活躍を描く待望の第3巻。本作品は「暴れ旗本御用斬り 虎狼吼える」を加筆修正した新装版です。