読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ぼくは0てん

ぼくは0てん
電子書籍版
価格 1540円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 48
販売開始日 2019/12/13
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

落ちこぼれの「ぼく」にだって
そとの世界は、きっとある。
そもそも「点数」って、なんだろう?

ぼくも0てんをもらったことがあって、
そのときから0がすきになった。
――谷川俊太郎

いつも「0てん」ばかりとって、いじめられていた「ぼく」は、
いいてんをとって認めてもらおうと必死にもがくけれど......

世界も注目するブランド「リトゥンアフターワーズ」の
ファッションデザイナー・山縣良和が、
故郷の鳥取へと帰る深夜バスの中でふと思いついた物語。
勉強もできず自信の持てなかった子供時代を過ごし、
やがてイギリスへと飛び立っていった自身の半生に重ねる。
0てん、12てん、36てん、59てん、78てん、85てん、100てん......
「点数」「クズ」「ゆうめい」といった
“レッテル貼り”“他人の評価”から自由になって、
自分の得意なことを見つけ出していくストーリーを、
愛らしい「てんすう」たちのキャラクターで描く。

◆著者紹介
1980年、鳥取県生まれ。ファッションデザイナー。
高校を卒業後、大阪の専門学校に通うも中退。その後、渡英。
2005年にセントラル・セント・マーチンズ美術大学を卒業。
在学中に世界的ファッションデザイナーの
ジョン・ガリアーノのもとでデザインアシスタントを務める。
2007年、自身のブランド「リトゥンアフターワーズ」を
立ち上げ、ファッションを通して様々な表現を試みている。
ファッション表現の学びの場「ここのがっこう」を主宰し、
活躍するデザイナーを数多く輩出。
著書に『ファッションは魔法』(坂部三樹郎との共著。朝日出版社)。

朝日出版社関連作品

「日本の名作」カテゴリ