読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「最期まで自宅」で暮らす60代からの覚悟と準備

「最期まで自宅」で暮らす60代からの覚悟と準備
電子書籍版
価格 1650円(税込)
ポイント還元 16ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 224
販売開始日 2019/12/27
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【電子版のご注意事項】
※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。
※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。
※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。
この商品は固定レイアウトで作成されております。
以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。​



本書は“自宅で最期を迎えたい”と願う人のためにやるべき3つの習慣、「家事」「人付き合い」「運動」について解説します。


2025年には、75歳以上の男性の約7人に1人、女性の4人に1人がひとり暮らしになると予想されています。
また、最期を自宅で迎えたいと希望する国民は6割超でありながら、
実際にかなうのは1割程度と言われています。

本書は「自宅で最期を迎える」ために必要な準備をまとめました。

やるべきこととは以下の3つの習慣
●家事
●人付き合い
●運動

住まいと町をうまく活用し、手助けしてもらうことで、
気分良く、楽しみながら最期まで持続していく方法を提案。

3つの習慣を実践することが、
人生100年時代のシニアのライフスタイルの核となることを提唱します。

大久保 恭子(おおくぼきょうこ):1977年日本女子大学家政学部住居学科卒。
1979年(株)リクルート入社。87年から96年まで「週刊住宅情報」の編集長。
「女性のための住宅情報」「ほしいリゾート」などの創刊もてがける。
住宅情報事業担当執行役員を経て、日立キャピタル(株)マーケティング担当役員、日本住宅ローン(株)取締役などを歴任。
また、国土交通省住宅宅地審議会の住宅部会委員などの公務も数多く歴任。
現在、(株)風の取締役社長。
WEBサイト「マンション評価ナビ」の企画の傍ら、マンションや一戸建てのマーケティング・商品プランのプロデュース、住関連企業のコンサルテーションなどを行っている

大久保恭子関連作品

主婦の友社関連作品

「介護 一般」カテゴリ