読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

スゴイ赤黒豆茶

スゴイ赤黒豆茶
電子書籍版
価格 330円(税込)
ポイント還元 3ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2020/01/10

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【電子版のご注意事項】
※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。
※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。
※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。
以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。​



1日たった500ml飲むだけ。体の“水はけ”をよくして、夜間の頻尿や残尿感を解消してくれる。
高血圧や高血糖も正常化する、豆のお茶をご紹介。医師も実践しています。

血圧を下げるいちばん手っ取り早いのは、水分代謝をよくすること。
それは同時に、膀胱のトラブル=夜間頻尿や残尿感を改善してくれるのです。
それに役立つのが本書で紹介する《赤黒豆茶》。
この手作り健康茶を実践する《漢方医》が多いことからも、効果のほどは想像できるでしょう。
《作り方》は簡単。有名赤いアズキと黒ダイズを少量用意、
軽くフライパンで煎ってからティポットに入れ、そこに熱湯を注ぐだけ。
赤黒豆茶に豊富に含まれるのは、まず《ポリフェノール》。
これが動脈硬化を防ぎ、血圧を下げることにつながります。
次いで《カリウム》は、言わずと知れた高血圧の原因となるナトリウム追い出し効果抜群。
香ばしくておいしい手作り健康茶を飲むだけでなく、
熱湯で柔らかくなったアズキと黒ダイズを食べれば、
カルシウム、たんぱく質、食物繊維もしっかりとれます。
両方摂取して健康生活を送っている《西洋医》の幸せ体験も、本書でご確認ください。

野村 喜重郎(ノムラキジュウロウ):医療法人「野村消化器内科」院長、
「湘南予防医学研究所」所長、日本消化器病学会専門医。
1965年・信州大学医学部卒、東京大学医学部第二内科、茅ヶ崎市立病院等を経て、
2000年・野村消化器内科を開設。
肝臓、胃腸疾患が専門。著書に『肝臓を強化する食べ物・食べ方・生活法』
『肝臓病(専門医が答えるQ&A』(いずれも主婦の友社)ほか多数。

野村喜重郎関連作品

主婦の友社関連作品

「健康法」カテゴリ