読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

スゴイ酢黒豆

スゴイ酢黒豆
電子書籍版
価格 550円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2020/01/10

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【電子版のご注意事項】
※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。
※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。
※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。
以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。​



1日たった10粒食べるだけ。1週間で体が変わってくることを、実感してください。
医師が実践。血糖値も血圧も下げてくれます。


栄養価も健康効果も高いダイズ、その中でもアントシアニン(紫の色素)という
生理活性成分を豊富に含むのが黒豆です。
正月におせち料理として、黒豆を炊く家は少なくなりましたが、
昔の人はその健康効果を経験的に知っていたのでしょう。

《酢黒豆》とは、黒豆を酢に漬けて1~2日置く。
それを1日10粒程度食べるのが、監修者の野村喜重郎ドクター。
《酢》に含まれる酢酸は、糖の吸収を穏やかにして血糖値の急上昇を防ぎます。
赤血球をしなやかに柔らかくする働きも。
《黒豆》に含まれるアントシアニンはインスリン分泌を促し、
サポニンは体内での過酸化脂質の発生を抑えてくれる。
それ以外にも多くの働きがあり、トータルで高血圧、高血糖、
高コレステロールなどを正常にしてくれるのです。また酢黒豆は料理に使えます。

本書にはそのレシピも収録。漬けたお酢は、
捨てずにリンゴジュースや炭酸水で割って飲めば、カリウムたっぷりの天然降圧剤です。


野村 喜重郎(ノムラキジュウロウ):医療法人「野村消化器内科」院長、
「湘南予防医学研究所」所長、日本消化器病学会専門医。
1965年・信州大学医学部卒、東京大学医学部第二内科、茅ヶ崎市立病院等を経て、
2000年・野村消化器内科を開設。
肝臓、胃腸疾患が専門。著書に『肝臓を強化する食べ物・食べ方・生活法』
『肝臓病(専門医が答えるQ&A』(いずれも主婦の友社)ほか多数。

野村喜重郎関連作品

主婦の友社関連作品

「健康法」カテゴリ