読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ライフスタイルを変えた名列車たち

ライフスタイルを変えた名列車たち
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 770円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 192
販売開始日 2020/01/17
紙書籍版 取り扱い中

憧れの“出世列車”や、今はなき修学旅行専用電車、ヒット曲になった列車、ホテルのような豪華列車......
明治の開業以来、鉄道はビジネスや旅、物流を変え、近現代の日本の生活にもっとも大きな影響を与えてきた交通だ。
人々の生活を大きく変えた列車とは、どんなものがあるのか? 時代・世代で大きな存在となった列車とは?
そんな名列車たちにまつわるストーリーを、当時の新聞など文化・風俗を伝える資料を探って、
鉄道が人々にどんな思い出や変化をもたらしてきたかをひもといていく。1961年、新潟県生まれ。脳内科医、医学博士。加藤プラチナクリニック院長。株式会社 脳の学校 代表。昭和大学客員教授。発達脳科学・MRI脳画像診断の専門家。胎児から超高齢者まで1万人以上を加藤式MRI脳画像診断法を用いて治療。著書にベストセラー『脳の強化書』(あさ出版)、『50歳を超えても脳が若返る生き方』(講談社)、『片づけ脳――部屋も頭もスッキリする!』(自由国民社)など多数。
■目次
第1部:人々を驚嘆させた鉄道黎明期
東海道線直通列車、山陽鉄道急行・最急行列車 など

第2部:国民の足となり不況下でも活躍
特急「富士」「櫻」「燕」

第3部:人も鉄道も力を合わせて戦後復興
急行「銀河」「津軽」、特急「つばめ」「はと」

第4部:日本中が大賑わいした鉄道黄金時代
特急「はつかり」、修学旅行専用列車「ひので」、新幹線超特急「ひかり」 など

第5部:成熟に向かう日本を支えた高度経済成長期
特急「あさま」「あずさ」「有明」、「大垣夜行」 など

第6部:新幹線揃い踏み! 都心と地方の行き来が細やかに
特急「踊り子」、新幹線特急「やまびこ」「あおば」「はやて」「はやぶさ」 など

第7部:多様化する旅と出張 “ならでは”を求めて
特急「北斗星」「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」、新幹線特急「かがやき」 など

■著者紹介
原口隆行(はらぐち たかゆき)
1938年、東京生まれ。上智大学卒業後、凸版印刷勤務を経てフリーに。『時刻表でたどる鉄道史』『時刻表でたどる特急・急行史』『日本の路面電車I II III』『鉄道唱歌の旅 東海道線今昔』『秘蔵鉄道写真に見る戦後史 上・下』(以上、JTBパブリッシング)、『最長片道切符11195.7キロ』(学研プラス)、『文学の中の鉄道』(鉄道ジャーナル社)、『鉄道ミステリーの系譜』(交通新聞社新書)など著書多数。

原口隆行関連作品

  • 鉄道ミステリーの系譜 770円
    作家 原口隆行
    出版社 交通新聞社
    レーベル 交通新聞社新書
    販売開始日 2016/10/28

    推理小説と鉄道双方の歴史と相関関係を踏まえて、鉄道を舞台にした作品、鉄道を主題にした作品などを総称して「鉄道ミステリー」と決め、これはと思われる作品を厳選したうえで時代を追って紹介します。推理小...

  • マニアの路面電車(小学館文庫) 715円
    作家 原口隆行
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2014/08/15

    休みの日に路面電車に乗るのもまた一興。まだまだ路面電車が走っている街があるのだ。路面電車に乗って窓から街を眺めているとなぜか人にやさしくなれるような気がしてくる。 ※この商品は紙の書籍のページ...

交通新聞社関連作品

「鉄道」カテゴリ