読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

織田信長の人間学

織田信長の人間学
電子書籍版
価格 660円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 278
販売開始日 2020/01/24

織田信長――決断力・実行力に富み、能力主義者だった信長はまた、ロマンチストであり、自由人でもあった。戦国民衆の期待した政治家として、信長は彼らの切実な願望にどう答えたか......。組織管理・人の管理など、人間味溢れる諸行動を通して、信長の魅力を現代の視点から解明する「童門流」人間学。現代の視点から天才的革命児・信長を解明!

童門冬二関連作品

  • 徳川家光の人間学 660円
    作家 童門冬二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/21

    家康の事業を発展させ、徳川300年の礎を築いた名将。乳母・春日局と家光をめぐる多彩な群像の事蹟を鮮かに語る「童門流」人間学。

  • 武田信玄の人間学 660円
    作家 童門冬二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/14

    複雑で尽きないその人間的魅力の秘密を、具体的なエピソードに即しつつ、現代の視点で鮮かに解明する。「童門流」歴史人間学の真髄。

  • 小説 海舟独言 660円
    作家 童門冬二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/07

    迫る官軍、備える幕府。明日にも江戸突入かという騒然たる中、相対する勝海舟と西郷隆盛。海舟はなぜ江戸城を無血で明け渡したのか?

  • 偉物伝 715円
    作家 童門冬二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/07

    一休さんは情にあふれた女好き。志賀島の金印を鑑定した学者・亀井南冥。問題児を扱ったら超一流の冴え、酒井家家老・河合寸翁......。

  • 坂本龍馬の人間学 660円
    作家 童門冬二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/07

    龍馬を想うとき、我々は生きる喜びを感ずる。龍馬を読むと、己れがわかり勇気がわく。龍馬は、行動の人、愛の人、そして人生の師だ。

  • 江戸管理社会反骨者列伝 660円
    作家 童門冬二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/07

    幕府あるいは藩という「組織」で運営されていた江戸時代。組織と個人の軋轢に苦悩した人々。納得できる生き方を求めた人々の群れ。

講談社文庫関連作品

  • 裏街 990円
    作家 津村秀介
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/21

    究極のアリバイ崩しに挑戦する推理大作。鮎川哲也氏・埴谷雄高氏も推薦。真夏の夜の殺人事件を題材に、人間存在の根源に迫る傑作。

  • 権力の犯罪 なぜ冤罪事件が起こるのか 660円
    作家 高杉晋吾
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/21

    無実の人が殺人犯に仕立てあげられる原因はどこにあるのか。戦後の冤罪事件の経過を詳細に追い恐怖の実態を伝える告発ドキュメント。

  • 殺人者の緋文字 660円
    作家 和久峻三
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/21

    元ソープランド嬢、美人モデル、売春する人妻が、次々に惨殺された。凶器はギターの弦。愛と復讐の交錯を鮮烈に描く法廷ミステリー。

  • 凶獣の島 660円
    作家 田中光二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/21

    伊豆沖の無人島でひっそり催されたゲームのスリルとサスペンスを描く表題作ほか、異常の世界に躍動する爽快さと苦さに満ちた8編。

  • 月と星の首飾り 660円
    作家 立原えりか
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/21

    誕生日をむかえた少女さらの前に、二人のふしぎな人たちが......。ふしぎな南の島を舞台にくりひろげられる、心やさしい愛の冒険物語。

  • 花と骨群 660円
    作家 黒岩重吾
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/21

    病いに蝕ばまれた心と体の苦悩と〈健康な生〉への凄まじい執着を追った表題作ほか、極限に追いつめられた人間群像をえがく6編。

「エッセイ・雑学」カテゴリ