読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

新版 戦時下の経済学者 経済学と総力戦

新版 戦時下の経済学者 経済学と総力戦
電子書籍版
価格 1540円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 256
販売開始日 2020/01/31
紙書籍版 取り扱い中

二つの世界大戦は社会のすべてを動員する総力戦であり、そこで重要だったのが経済だった。本書では総力戦下の経済学者たちの言説がどんな役割を果たしたか、戦後にどう影響したかを追う。英米独日の経済抗戦力を経済学者はどのように判断したのか。経済学はイデオロギー対立のなかにどのように巻き込まれたのか。マルクス経済学、さらには西洋思想への対抗手段とされた日本経済学とは。第32回石橋湛山賞受賞作に最新の研究成果を加筆。

目次
まえがき
第一章 河上肇――戦時下の経済思想の「先駆け」
第二章 陸海軍と経済学者
第三章 経済新体制をめぐって
第四章 思想戦のなかの経済学
第五章 「近代経済学」とは何だったのか
あとがき
新版のあとがき
人名索引

牧野邦昭関連作品

中公選書関連作品

「日本」カテゴリ