読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

戦後と私・神話の克服

戦後と私・神話の克服
電子書籍版
価格 1100円(税込)
ポイント還元 11ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2020/01/31
紙書籍版 取り扱い中

戦後の「正義」に抗い、自身の「私情」に忠実であることを表明した「戦後と私」、三島由紀夫、石原慎太郎、大江健三郎を論じた卓越した批評「神話の克服」。「私」三部作ほか、癒えることのない敗戦による喪失感と悲しみを文学へと昇華した批評・随想集。自作回想「批評家のノート」初収録。
〈解説〉「江藤淳と『私』」平山周吉
【目次】
I
文学と私/戦後と私/場所と私/文反古と分別ざかり/批評家のノート

II
伊東静雄『反響』/三島由紀夫の家/大江健三郎の問題/神話の克服

III
現代と漱石と私/小林秀雄と私

解説 江藤淳と「私」(平山周吉)

江藤淳関連作品

中公文庫関連作品

  • 新着!
    盤上の向日葵(上下合本) 1518円
    作家 柚月裕子
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/10/30

    埼玉県天木山山中で発見された身元不明の白骨死体。遺留品である初代菊水月作の名駒を頼りに、叩き上げの刑事・石破と、かつてプロ棋士を志していた新米刑事・佐野のコンビが捜査を開始した。それから四か月、...

  • 新着!
    わが青春無頼帖 増補版 924円
    作家 柴田錬三郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/10/30

    虚無的な孤高の剣士「眠狂四郎」を生んだ苛烈な戦争体験、多彩な女性遍歴、師・佐藤春夫との交流――。故郷出奔から直木賞受賞までの無頼の日々を豊富なエピソードとともに綴る回想録。表題作のほか、私小説的...

  • 新着!
    盤上の向日葵 (1~2巻) 748円770円
    作家 柚月裕子
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/10/30

    平成六年、夏。埼玉県の山中で白骨死体が発見された。遺留品は、名匠の将棋駒。叩き上げの刑事・石破と、かつてプロ棋士を志した新米刑事の佐野は、駒の足取りを追って日本各地に飛ぶ。折しも将棋界では、実業...

  • 新着!
    刑事・鳴沢了 (1~9巻) 825円935円
    作家 堂場瞬一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/10/30

    祖父・父を継いで新潟県警捜査一課の刑事となった鳴沢了は、晩秋の湯沢で殺された老女が、かつて宗教教団の教祖で、五十年前に殺人事件に関わったことを突き止めた。了は二つの事件の関連を確信するが、捜査本...

  • 新着!
    ほのぼの路線バスの旅 946円
    作家 田中小実昌
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/10/30

    バスが大好き――。路線バスで東京を出発して箱根を越え、東海道を西へ、もっと西へ。山陽道をぬけて熊本、鹿児島まで。いい景色、いい飲み屋、いい人びととの出会い。ゆるり、ぶらり、ふらふら、コミさんのノ...

  • 素子の碁 サルスベリがとまらない 924円
    作家 新井素子
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/10/22

    『ヒカルの碁』をきっかけに、四十歳を過ぎてから夫婦で始めた囲碁。子供の頃から親しんでいれば直感的に理解できただろう定石や用語に頭を悩ませつつ、上達していく喜びを綴るエッセイ。「祝 還暦! 夫婦対...

「エッセイ・雑学」カテゴリ