読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

23の先端事例がつなぐ計算科学のフロンティア 計算で物事を理解する予測する

23の先端事例がつなぐ計算科学のフロンティア 計算で物事を理解する予測する
電子書籍版
価格 3960円(税込)
ポイント還元 39ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 338
販売開始日 2020/02/14
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

理化学研究所で2018年10月に行われたシンポジウム「計算で物事を理解する予測する~産業界の難課題が求めている解決パラダイムの提案、三つの計算科学、連続体、分子、そして統計~」の講演内容を書籍化。執筆者は、本シンポジウムの講演者26名(全23章)。
読者レベルを理工学系の学部3年生に置き、主に産業界の各分野において計算科学が重要な役割を果たしている研究事例と成果を紹介する。単なる読み物・紹介記事ではなく、当該専門領域で実際に使われている計算や数式を織り交ぜながら展開する。具体的には、各分野において計算科学がどう使われているか、その現状の解説から入り、いま何が求められているか(解決すべき課題は何か?)を明らかにし、新しい計算アプローチ(計算式等)と今後の展望を示す。学部生が将来的に当該分野を研究してみたいと思うような面白さが感じられるとともに、他分野の研究者が読んでさまざまな“気付き”の得られる書籍である。

中村振一郎関連作品

近代科学社関連作品

「数学一般」カテゴリ