読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

そして、ユリコは一人になった

そして、ユリコは一人になった
電子書籍版
価格 693円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 352
販売開始日 2020/02/06
紙書籍版 取り扱い中

第18回『このミステリーがすごい! 』大賞、U-NEXT・カンテレ賞受賞作! 私立百合ヶ原高校には奇妙な伝説がある。代々、ユリコという名を持つ生徒は「ユリコ様」として絶対的な権力を持ち、彼女に逆らう者には必ず不幸が訪れるという。ただしユリコ様になれるのは一人だけ。ユリコが複数人いた場合、彼女たちにも不幸が起こり、一人だけに淘汰される。図らずもユリコ様候補となった新入生・矢坂百合子は伝説を聞いて戸惑うが、才色兼備の親友・美月になだめられ、単なるオカルトと思い込もうとする。しかしその矢先、ユリコの名を持つ生徒が一人、屋上から転落死した。そして、それを契機としてユリコが次々と殺されていく――。誰が彼女たちを殺したのか、ユリコ様とは何なのか。学校の伝説を隠れ蓑にして、人々の悪意が、恐るべき殺戮劇を繰り広げる!

宝島社文庫関連作品

  • 杜の都であやかし保護猫カフェ 723円
    作家 湊祥
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/03/19

    東京での社畜生活に疲れ、杜の都・仙台から少し離れた港町の実家でニート生活を送っていた美琴は、散歩の途中で保健所に連れていかれそうになっていた猫を助ける。アレルギーを持つ母のため、家で飼えない美琴...

  • 筆跡鑑定人・東雲清一郎 (1~4巻) 644円693円
    作家 谷春慶
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/03/19

    祖父が残した謎を解き明かすべく、美咲は大学一の有名人、東雲清一郎を訪ねるが、噂に違わぬ変人で......。著名な書道家なのに文字を書かず、端正な顔立ちから放たれるのはシビアな毒舌。挫けそうになる...

  • 感染領域 644円
    作家 くろきすがや
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/03/12

    九州でトマトが枯死する病気が流行し、帝都大学の植物病理学者・安藤仁は農林水産省に請われ現地調査を開始した。安藤は、発見した謎のウイルスの分析を天才バイオハッカー「モモちゃん」の協力で進めるが、そ...

  • がん消滅の罠 完全寛解の謎 673円
    作家 岩木一麻
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/03/12

    日本がんセンター呼吸器内科の医師・夏目は、生命保険会社に勤務する森川から、不正受給の可能性があると指摘を受けた。夏目から余命半年の宣告を受けた肺腺がん患者が、リビングニーズ特約で生前給付金三千万...

  • 筋読み 644円
    作家 田村和大
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/03/12

    女性モデル殺害の疑いで山下という男が出頭。殺害現場で採取されたDNA型が山下のものと一致したため起訴間違いなしと目されたが、警視庁捜査一課の刑事・飯綱だけは異を唱え、捜査を外されてしまう。同じ頃...

  • 時限感染 748円
    作家 岩木一麻
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2020/03/12

    ヘルペスウイルスの研究者が首なし死体となって発見された。現場には引きずり出された内臓のほか、寒天状の謎の物質と、バイオテロを予告する犯行声明が残されていた。猟奇殺人にいきり立つ捜査陣であったが、...

宝島社関連作品

「日本」カテゴリ