読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

本日もセンチメンタル<新装版>

本日もセンチメンタル<新装版>
電子書籍版
価格 660円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2020/02/07
紙書籍版 取り扱い中

成屋詩織、十七歳はひと一倍感激屋の女子高生。そんな詩織がデートの最中、強盗事件に巻き込まれ、おさな妻・啓子と赤ん坊の二人を引き取ることになってしまった。ところが、その母子が次々と成屋家から蒸発。しかも啓子は暴力団の娘だったから大騒動!! 長編ユーモア・ミステリー。

赤川次郎関連作品

双葉文庫関連作品

  • うき世櫛 748円
    作家 中島要
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/03/20

    十五にして両親を失った結は、長屋で首を括ろうとしたところを元芸者の女髪結い・お夕に救われた。ほかに生きる道のない結は、自分の不器用さを恨みながら、お夕のもとで修業に励む。だが、贅沢を戒めるお上は...

  • 左近 浪華の事件帳 (1~4巻) 561円671円
    作家 築山桂
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/03/20

    千年の時を超え、古の帝からの密命を守り続けてきた〈在天別流〉。その闇の組織に属し、大坂の町と人を守るその使命に命を賭ける、若き美剣士・東儀左近の活躍を描く、書き下ろし長編時代小説の新シリーズ。舞...

  • ほんともう勘弁してください 715円
    作家 時本紗羽
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/03/20

    毎朝出社するたびに俺に「好きです」と告白してくる女子社員がいた。新卒同期の彼女の告白がはじまったのは入社二年目の夏。それから五年続いた告白はある日、終わった。彼女が突然亡くなったのだ。その後、俺...

  • 十津川警部 ストーブ列車殺人事件 715円
    作家 西村京太郎
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/03/13

    同人雑誌「北風」の世話人で、F賞を受賞し、有望新人と注目されていた菊地順二が、太宰治の生地の雪原で自殺した。一年後、井上昭は菊地と同じルートをたどった旅に出た。そこで、同人たちで立てた墓標に死に...

  • 神様たちのお伊勢参り (1~7巻) 506円660円
    作家 竹村優希
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/03/13

    彼氏も職も失い、伊勢神宮に神頼みにやってきた谷原芽衣は、迷い込んだ山の中で不思議な青年・天に出会う。芽衣は、なりゆきで天の経営する宿『やおよろず』で働くことになったが、そこはなんだか不思議な宿。...

  • おれは一万石 (1~12巻) 528円682円
    作家 千野隆司
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/03/13

    一俵でも禄高が減れば旗本に格下げになる、ぎりぎり一万石の大名家に婿として入った十七歳の若者が、失敗を繰り返しながらも奮闘し、家臣や領民と徐々に心を繋げて藩政を立て直してゆく。待望の新シリーズ!

「日本」カテゴリ