読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

デスマッチ・ドラゴンは死なない

デスマッチ・ドラゴンは死なない
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1760円(税込)
ポイント還元 17ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2020/02/10
紙書籍版 取り扱い中

「この本は自分の自伝であると同時に、デスマッチ側から見た大日本プロレスの歴史でもある」

両親に猛反対されたプロレスへの道、運命的だった葛西純とのデビュー戦、苦楽を共にした関本大介の存在、ドラゴンスプラッシュの誕生秘話、相次ぐ選手の離脱と経営危機、ストロングBJの萌芽、そしてエースとしての自覚と団体の飛躍......。
日本プロレス界の“デスマッチ・キング”が綴る血まみれの赤裸々自伝。


【目次】
第1章 デスマッチドラゴン誕生
第2章 チャンピオンの栄光と挫折
第3章 デスマッチ群雄割拠
第4章 大日本プロレスの新時代
後書きにかえての近況報告


【著者プロフィール】
伊東竜二 (いとう りゅうじ)
1976年4月8日生まれ。岩手県岩手郡滝沢村(現・滝沢市)出身。
高校時代はボクシング部に所属。茨城大学工学部に進学するも、幼少期からの憧れであったプロレスラーを目指して大日本プロレスに入団。
1999年4月29日の葛西純戦でデビューを果たす。
2003年5月に初デスマッチを闘い、3カ月後にはBJW認定デスマッチヘビーを初戴冠。
アブドーラ・小林、沼澤邪鬼、佐々木貴らと激闘を重ねる。
2009年の葛西純とのデスマッチでは高い評価を得て、この年のプロレス大賞の年間最高試合を受賞。
日本プロレス界の“デスマッチ・キング”へと飛躍を遂げた。
その後も、ストロング路線を引っ張った関本大介とともに大日本の危機を幾度となく救い、活況を呈する近年へと歴史をつなげた。
2019年にデビュー20周年を迎えたが、「目標はグレート小鹿会長の年齢まで、リングに上がり続けることです」と公言。
団体を支えてきた“魂”を胸に、死闘を繰り広げている。

Twitter: @deathmatch_ito
大日本プロレスHP: http://www.bjw.co.jp/

ワニブックス関連作品

「格闘技」カテゴリ