読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

十津川警部 「子守唄殺人事件」

十津川警部 「子守唄殺人事件」
電子書籍版
価格 704円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2020/02/21
紙書籍版 取り扱い中

銀座のクラブのママが殺された。死体の口にはおしゃぶりが、胸には子供をあやすでんでん太鼓が置かれていた。さらに演歌歌手が殺され、この死体の口にもおしゃぶりがあり、胸にはこけしが置かれていた。奇妙な遺留品は、日本各地の子守唄を暗示していることに注目した十津川警部が、連続殺人の謎を追う!

西村京太郎関連作品

双葉文庫関連作品

  • そして全員寝取られた 737円
    作家 草凪優
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/04/03

    隣の部屋に越してきたという夫婦の挨拶を受けた本田拓郎は、妻の顔を見て絶句する。彼女は憧れていたかつての女上司、玲香だったのだ。一年前に放浪の画家と駆け落ちした玲香との再会に戸惑う拓郎。ある夜、聞...

  • 左近 浪華の事件帳 (1~4巻) 561円671円
    作家 築山桂
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/03/20

    千年の時を超え、古の帝からの密命を守り続けてきた〈在天別流〉。その闇の組織に属し、大坂の町と人を守るその使命に命を賭ける、若き美剣士・東儀左近の活躍を描く、書き下ろし長編時代小説の新シリーズ。舞...

  • ほんともう勘弁してください 715円
    作家 時本紗羽
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/03/20

    毎朝出社するたびに俺に「好きです」と告白してくる女子社員がいた。新卒同期の彼女の告白がはじまったのは入社二年目の夏。それから五年続いた告白はある日、終わった。彼女が突然亡くなったのだ。その後、俺...

  • うき世櫛 748円
    作家 中島要
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/03/20

    十五にして両親を失った結は、長屋で首を括ろうとしたところを元芸者の女髪結い・お夕に救われた。ほかに生きる道のない結は、自分の不器用さを恨みながら、お夕のもとで修業に励む。だが、贅沢を戒めるお上は...

  • 神様たちのお伊勢参り (1~7巻) 506円660円
    作家 竹村優希
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/03/13

    彼氏も職も失い、伊勢神宮に神頼みにやってきた谷原芽衣は、迷い込んだ山の中で不思議な青年・天に出会う。芽衣は、なりゆきで天の経営する宿『やおよろず』で働くことになったが、そこはなんだか不思議な宿。...

  • 越境捜査<新装版> 968円
    作家 笹本稜平
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/03/13

    警視庁捜査一課で継続捜査を担当する鷺沼友哉は14年前に起きた12億円を搾取した男が失踪後、死体となって発見された未解決事件の捜査に乗り出すが難航する。真相解明を拒むかのような圧力。それは一体誰が...

「日本」カテゴリ