読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

女の子が知っておきたい卵子のハナシ。

女の子が知っておきたい卵子のハナシ。
電子書籍版
価格 1430円(税込)
ポイント還元 14ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 96
販売開始日 2020/03/13
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【電子版のご注意事項】
※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。
※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。
※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。
※この商品は固定レイアウトで作成されております。
以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。​


生殖医療の第一人者、浅田義正先生による「将来の妊娠に備える10代のうちから知ってほしい卵子の話」のすべて。

2019年3月刊行、『名医が教える最短で授かる不妊治療』の第2弾。
生殖医療の第一人者、浅田レディースクリニック浅田義正理事長による「10代のうちから知ってほしい卵子の話」。
卵子の元になる卵祖細胞は胎児のころが最も多く500~700万個。出生時約200万個。
その後6才ごろには約50万個となり、12才ごろには約20万個と急激な勢いで減少していく。
「卵子の老化」という言葉が知られるようになったものの、
未だに40代、50代でも妊娠・出産できると思っている女性も多い。
けれど卵子レベルでは、たとえ30代であっても妊娠が難しいケースもある。
本書では、自分の体について、また命をつないでいくことの本質について、
生殖の主役となる「卵子」を軸に、これからを生きる若い世代に伝えていく。
「恋愛感情は錯覚?」「いじらしい精子の存在」など、浅田節たっぷりのコラムも名回答も収録。

浅田 義正(アサダ ヨシマサ):浅田レディースクリニック理事長。医学博士。
日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医。日本生殖医学会認定生殖医療専門医。
1982年名古屋大学医学部卒業。88年名古屋大学医学部付属病院産婦人科医員として不妊外来を担当。
93~94年米国最初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精の基礎的研究に従事。
95年名古屋大学医学部附属病院分院でICSIによる治療開始。
同年日本で初めて精巣精子を用いたICSIによる妊娠例を報告。
98年ナガシマクリニック不妊センター開設。
2004年浅田レディースクリニック(現:勝川クリニック)開院。
10年浅田レディース名古屋駅前クリニック開院。
18年5月より浅田レディース品川クリニック開院。

浅田義正関連作品

主婦の友社関連作品

「女性の医学」カテゴリ