読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

小説 蜂須賀重喜 阿波藩財政改革

小説 蜂須賀重喜 阿波藩財政改革
電子書籍版
価格 880円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 598
販売開始日 2020/04/03

江戸時代は宝暦年間、9代将軍・家重の世。阿波藩の峰須賀家に入った重喜は、火の車であった藩財政の改革に着手し、画期的な提案を行う。ところが、ことごとく陋習に縛られた重臣たちの反対にあう。さらに、江戸幕府・田沼意次の陰謀も進み、平島公方の騒動も無視できない。阿波藩の経営改革を追う、長篇歴史小説。

童門冬二関連作品

  • 徳川家光の人間学 660円
    作家 童門冬二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/21

    家康の事業を発展させ、徳川300年の礎を築いた名将。乳母・春日局と家光をめぐる多彩な群像の事蹟を鮮かに語る「童門流」人間学。

  • 武田信玄の人間学 660円
    作家 童門冬二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/14

    複雑で尽きないその人間的魅力の秘密を、具体的なエピソードに即しつつ、現代の視点で鮮かに解明する。「童門流」歴史人間学の真髄。

  • 小説 海舟独言 660円
    作家 童門冬二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/07

    迫る官軍、備える幕府。明日にも江戸突入かという騒然たる中、相対する勝海舟と西郷隆盛。海舟はなぜ江戸城を無血で明け渡したのか?

  • 偉物伝 715円
    作家 童門冬二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/07

    一休さんは情にあふれた女好き。志賀島の金印を鑑定した学者・亀井南冥。問題児を扱ったら超一流の冴え、酒井家家老・河合寸翁......。

  • 坂本龍馬の人間学 660円
    作家 童門冬二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/07

    龍馬を想うとき、我々は生きる喜びを感ずる。龍馬を読むと、己れがわかり勇気がわく。龍馬は、行動の人、愛の人、そして人生の師だ。

  • 江戸管理社会反骨者列伝 660円
    作家 童門冬二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/02/07

    幕府あるいは藩という「組織」で運営されていた江戸時代。組織と個人の軋轢に苦悩した人々。納得できる生き方を求めた人々の群れ。

講談社文庫関連作品

  • 新着!
    風の中のマリア 748円
    作家 百田尚樹
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/06/01

    命はたった三十日。戦うことに迷っている暇なんてない。『永遠の0(ゼロ)』と並ぶ、最高の感動作!

  • 海辺の光景ほか六編 660円
    作家 安岡章太郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/05/29

    人間の奥底に潜むエゴイズムを赤裸々にえぐり出し、夫婦とは、親子とは、人生とはを追求した、芸術選奨&野間文芸賞W受賞作。

  • 三匹の蟹・青い落葉 660円
    作家 大庭みな子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/05/29

    存在の孤独と愛の倦怠のただ中にある現代の生のこわれてしまった姿を、乾いた抒情のうちに残酷に啓示し芥川賞受賞「三匹の蟹」ほか。

  • 帰らぬ日遠い昔 660円
    作家 林望
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/05/29

    東京オリンピックの年に旧府立四中=名門戸山高校に入学したリンボウ少年。「愉快」という感情に満たされて始まった高校生活3年間。

  • タイ様式 770円
    作家 前川健一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/05/29

    バンコクの喧噪に身を包み、ひたすら歩く、見る、触る。怒濤の好奇心でせまる比類なきタイ雑学読本。オモシロ大国・タイの真実!

  • 真贋 660円
    作家 吉本隆明
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/05/29

    当たり前ほどあてにならない、今こそ「考えること」に真剣に向き合ってみよう。突き詰めた思考の果てにうまれた軽妙かつ深遠な語り。

「歴史・戦記」カテゴリ