読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

なぜ日本の「正しさ」は世界に伝わらないのか 日中韓 熾烈なイメージ戦

なぜ日本の「正しさ」は世界に伝わらないのか 日中韓 熾烈なイメージ戦
電子書籍版
価格 1760円(税込)
ポイント還元 17ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 200
販売開始日 2020/04/03
紙書籍版 取り扱い中

■尖閣諸島や竹島などを巡る領土問題、慰安婦や徴用工などに関する歴史認識にまつわる問題を巡り、中国や韓国は米国を中心とした国際社会で「反日宣伝」を繰り広げている。
日本は「正しい姿」を発信することで対抗すべく、自国のイメージアップを懸けた戦いが世界で繰り広げられている。
従来の外交である「政府対政府」の形ではなく、政府が相手国の世論に直接働きかける「パブリック・ディプロマシー」の重要性が世界中で高まっている昨今、この中韓の「イメージ戦略」、すなわち「パブリック・ディプロマシー」は日本の立場を揺るがすような影響力を持ち始めている。
日本が採るべき戦略について、新進気鋭の若手研究者が考察する。

[目次]
第1章 世界のパブリック・ディプロマシー戦で負け続けてきた日本
第2章 世界中でパブリック・ディプロマシーを展開する中国―ソフトパワーか、シャープパワーか
第3章 韓国の「反日」活動、主戦場は米国
第4章 韓国のイメージ戦略と日韓のすれ違い
第5章 各国が火花散らす「イメージ」を巡る戦い
終章 日本が目指すべき「戦略的パブリック・ディプロマシー」
あとがき
参考図書・資料

<著者略歴>
桒原響子(くわはら・きょうこ)
1993 年生まれ。2012 年米国ウエストバージニア大学において国際政治学や通訳翻訳等を学び、2017 年大阪大学大学院国際公共政策研究科修士課程修了。笹川平和財団安全保障事業グループ研究員、外務省大臣官房戦略的対外発信拠点室外務事務官を経て、2019 年より日本国際問題研究所研究員、未来工学研究所研究員、京都大学レジリエンス実践ユニット特任助教。専門は、国際公共政策、パブリック・ディプロマシー、ストラテジック・コミュニケーション、メディア研究等。著書に、『アフター・シャープパワー:米中新冷戦の幕開け』(共著、東洋経済新報社、2019 年)。

※この電子書籍は株式会社ウェッジが刊行した『なぜ日本の「正しさ」は世界に伝わらないのか―日中韓 熾烈なイメージ戦』(2020年3月14日 第1刷)に基づいて制作されました。
※この電子書籍の全部または一部を無断で複製、転載、改竄、公衆送信すること、および有償無償にかかわらず、本データを第三者に譲渡することを禁じます。

ウェッジ関連作品

「外交・国際関係」カテゴリ