読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

きらいな母を看取れますか? 関係がわるい母娘の最終章

きらいな母を看取れますか? 関係がわるい母娘の最終章
電子書籍版
価格 1650円(税込)
ポイント還元 16ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 192
販売開始日 2020/04/10
紙書籍版 取り扱い中

【電子版のご注意事項】
※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。
※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。
※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。
以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。


きびしい母娘関係を生き延び、
それぞれの人生を歩き始めた女性たちが、
介護が必要になった「重すぎる母」と再会する時、
どんな道を選ぶのでしょうか。

関係がわるい母と娘が最後に向き合う機会である「介護」。
重すぎる母の介護を、どのようにのりきればよいのだろう。
母親の過干渉、身体的・精神的な虐待、
養育放棄や親の依存症など、
親との関係に傷をもつ人たちは、
母の介護という現実をどう受け止め、どんな選択をしているのか。
著者本人の経験をふくむ7人のリアルストーリー。

「謝罪は求めない。だけど赦さない」
「母亡きあとの手続きはすべて弁護士に任せます」
「母と娘として向き合うことはもうない」
「ものわかれは解放の地点」という娘たちの言葉。

家族問題を専門とするカウンセラーの信田さよ子氏に、その問題の本質を聞き、
弁護士には、法的な見解を聞いた。
「人生の優先順位で最初にあげるべきは、親ではなく自分の人生」という信田氏の言葉が心にひびきます。

母親との葛藤をかかえる人たちに、「あなたはどうしますか」の問いを投げかける。


寺田 和代(てらだかずよ):立命館大学卒業後、会社員を経てフリーライター・エディター。
女性誌、文芸誌、総合誌でのインタビュー・執筆、単行本の企画・制作に携わる一方、
2000年に社会福祉士資格を取得し、高齢者介護・医療・暮らしの分野でも活動をつづける。
30代から欧州ひとり旅をはじめ、その体験をもとに中高年女性が
安全・リーズナブル・自分らしく欧州ひとり旅を楽しむためのガイドブック『Soloist[ソリスト]おとな女子ヨーロッパひとり旅』
『Soloist[ソリスト]おとな女子ヨーロッパひとり歩き』(ともにKADOKAWA)を上梓。
共著に『福祉用具で変わる介護のある暮らし』(中央法規)など。

主婦の友社関連作品

「介護 一般」カテゴリ