読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

大正デモグラフィ 歴史人口学で見た狭間の時代

大正デモグラフィ 歴史人口学で見た狭間の時代
電子書籍版
価格 791円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 248
販売開始日 2020/05/22
紙書籍版 取り扱い中

スペイン・インフルエンザ、結核拡大、そして関東大震災。
未曾有の疫病や近代化に伴う社会の拡大・密化は、庶民の生活にどのような影響を及ぼしたのか。
人口の推移をベースに紐解く大正時代の姿!

「デモグラフィ」とは、出生・死亡・移動などの人口統計全体、あるいは人口の研究を指す言葉である。
つまり本書は、新たに発掘された史料、進展してきた歴史人口学の成果を踏まえ、
大正期を人口という窓を通してながめてみよう、という意図のもと書かれた。
その視点で検討してみると、従来「デモクラシィ」の時代と呼び習わされてきた大正期も、
必ずしも明るく進んだ面ばかりではなかったことが分かる。

大正時代を捉え直す意欲的な1作。


速水 融(はやみ あきら)
1929年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。経済学博士。同大学教授、国際日本文化研究センター名誉教授などを歴任。
江戸時代の宗門改帳などの収集・分析を通じて近代以前の人口の変遷、人々の生活を明らかにする歴史人口学を切り拓いた。
2009年文化勲章受章。『歴史人口学の世界』『歴史人口学で見た日本』
『日本を襲ったスペイン・インフルエンザ 人類とウイルスの第一次世界戦争』など著書多数。2019年12月逝去。

小嶋美代子(こじま みよこ)
1948年生まれ。青山学院大学卒業、麗澤大学大学院国際経済研究科博士課程修了。経済学博士。著書に『明治・大正期の神奈川県』。

速水融関連作品

  • 歴史人口学で見た日本 740円
    作家 速水融
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/05/22

    江戸時代は結婚数年で離婚多数、核家族化で人口爆発ーー。 人口史料への立体的アプローチによって、近世庶民の一生と暮らしが鮮やかに蘇る! 歴史人口学の面白さがわかる第一人者による入門書。 コンピュ...

文春新書関連作品

  • ベートーヴェン 音楽の革命はいかに成し遂げられたか 880円
    作家 中野雄
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/11/20

    不世出の巨匠の人生と作品の凄みとは 生誕250周年――他の音楽家の創作意欲を失わせるほど、すべてのジャンルにおいて史上最高の傑作を作り上げた、その偉業を振り返る

  • 知事の真贋 880円
    作家 片山善博
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/11/20

    リーダーのなすべき仕事とは何か? 良い知事とダメな知事の見分け方とは? 新型コロナ対応では各都道府県の知事たちの言動が注目された。 国の方針に唯々諾々と従うだけの知事もいれば、現場の実態に基づ...

  • 競輪という世界 950円
    作家 轡田隆史 堤哲 藤原勇彦 小堀隆司
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/11/20

    坂上忍氏推薦! 「極限まで鍛え上げられた肉体をエンジンと化してしのぎを削る姿は、 私たちの感情を沸点まで押し上げる。マジで感動しますよ!」 五輪でもメダルが有力視されるスポーツにして、最も知的...

  • 老いと学びの極意 団塊世代の人生ノート 880円
    作家 武田鉄矢
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/11/20

    芸能界随一の勉強家・武田鉄矢さんによるエッセイ集。 50歳にして知ったかぶりをすることはやめ「判らぬこと」を大学ノートに書き出しはじめた武田さん。 そのノートには、子供時代に疑問に思った「分数...

  • 半グレと芸能人 880円
    作家 大島佑介
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/10/20

    市川海老蔵、宮迫博之、田村亮......。 なぜ芸能人は半グレ=反社会的勢力と接点を持ってしまうのか? 『週刊文春』の特派記者として15年のキャリアを積んだ筆者が、あまり報じられることのない取...

  • 政治家の覚悟 880円
    作家 菅義偉
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/10/20

    第99代内閣総理大臣に就任した菅義偉氏が掲げるのが、「国民のために働く内閣」だ。 それを実現するために断行するのが規制改革、縦割り行政の打破である。 この改革の姿勢は、かつて務めた大臣政務官、副...

「文化人類学・民俗学」カテゴリ