読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

羽生善治永世七冠 必勝の一手

羽生善治永世七冠 必勝の一手
電子書籍版
価格 1430円(税込)
ポイント還元 14ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 240
販売開始日 2020/05/28
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

羽生を子どもの頃から見てきた著者ならではのエピソードも交えながら、羽生らしい将棋の対局を楽しく解いていける問題集です。
著者の森鶏二氏は昭和21年4月、高知県中村市(現 四万十市)生まれ。38年、大友昇八段に入門。60年九段。手将棋の乱戦、中飛車、ひねり飛車を得意とし、終盤の大技、大逆転から「終盤の魔術師」の異名を取る。タイトル戦登場8回。棋聖、王位に各1期在位。平成7年、羽生王座に挑戦し、惜しくも敗れた。平成6年、将棋栄誉賞、12年10月、通算700勝達成。
昭和60~62年、連盟理事。平成5~7年、同常務理事を務めた。その後、数々の受賞歴を有す。
著書に『一閃! 森流ひねり飛車』『羽生善治妙技伝』『羽生善治の強襲の一手』などがある。

森鶏二関連作品

  • 羽生の実戦 詰め&必死200 1430円
    作家 森鶏二
    出版社 日本文芸社
    販売開始日 2020/05/28

    羽生永世七冠のこれまでの対局から、実戦で強くなるための詰将棋を100題、もはや打つ手なしの必死100題を厳選して出題。 終盤の魔術師の異名をとる森九段の解説で最強の手筋を解説。

日本文芸社関連作品

「将棋」カテゴリ