読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

銀色の国

銀色の国
電子書籍版
価格 1800円(税込)
ポイント還元 18ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 382
販売開始日 2020/05/29
紙書籍版 取り扱い中

足の甲を切る自傷行為と「もうだめ。死にたい」というツイートを繰り返す浪人生のくるみ。ある日、突然フォロワーのひとりからDMが届き、ネット上の自助グループ〈銀色の国〉に導かれる。一方、自殺対策NPO法人の代表として日々奔走する晃佑のもとには、友人が自殺したという悲報が届いた。元相談者でもあったその友人が今になって死を選んだ原因を調べるうちに、晃佑はある恐ろしい計画の一端に辿り着く......!!︎ 横溝正史ミステリ大賞受賞作家が放つ、現代の闇「自殺」に迫る鮮烈なミステリ!!

逸木裕関連作品

東京創元社関連作品

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    七月に流れる花/八月は冷たい城 770円
    作家 恩田陸
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/07/15

    夏のお城での林間学校に招待された少年少女たち。長く奇妙な夏がはじまった。恩田陸の仕掛けるダーク・ファンタジー。

  • 新着!
    潔癖刑事 (1~2巻) 748円792円
    作家 梶永正史
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/07/15

    その自衛官は本当に事故死だったのか。捜査の先に立ちはだかる耳を疑う日本の深い闇。潔癖&天然刑事コンビが爆ぜる本格警察小説!

  • 新着!
    怪談社奇聞録 (1~2巻) 660円
    作家 福澤徹三 糸柳寿昭
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/07/15

    怪談社の糸柳寿昭と上間月貴が全国各地のいわくつき物件を取材し、作家・福澤徹三が書き起こした怪談実話。恐るべき怪異の連鎖とは?

  • 新着!
    警視庁追跡捜査係 (1~9巻) 755円836円
    作家 堂場瞬一
    出版社 角川春樹事務所
    レーベル ハルキ文庫
    販売開始日 2020/07/15

    白昼の新宿で起きた連続殺傷事件――無差別に通行人を切りつける犯人を体当たりで刺し、その行動を阻止した男がいた。だが男は、そのまま現場を立ち去り、そして月日が流れた。未解決事件を追う警視庁追跡捜査...

  • 新着!
    竜と流木 814円
    作家 篠田節子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/07/15

    咬まれると口中の毒で全身がショック状態に陥る、謎の生物が出没。美しき南の島を突如悪夢が襲う、バイオミステリー!

  • 新着!
    森博嗣短編選集2冊合本 770円
    作家 森博嗣
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/07/14

    森博嗣自選短編集『僕が秋子に借りがある』、森博嗣シリーズ短編集『どちらかが魔女』を合本でおとどけします!

  • 新着!
    これはミステリではない 1430円
    作家 竹本健治
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/07/14

    ミステリ界の金字塔『匣の中の失楽』『涙香迷宮』の鬼才・竹本健治が放つ「読者への挑戦状」

  • 新着!
    オールドタイムズ 1595円
    作家 本城雅人
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/07/14

    見極めろ。フェイクニュースの裏側を。弱小メディアが一発逆転、ニュースサイト界の覇権をとる!

  • 九頭の龍 660円
    作家 伴野朗
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/07/10

    フランスの造船所から日本へ曳航中の新造軍艦の消息が絶えた。折しもインドシナ半島には戦雲がたちこめている。歴史冒険ミステリー。

  • ゾルゲの遺言 660円
    作家 伴野朗
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/07/10

    ソ連の対日スパイの大物ゾルゲが、巣鴨拘置所の看守に渡した手紙は、単なるメッセージではなかった! 迫真の歴史ミステリー大作。

  • 殺意の複合 660円
    作家 伴野朗
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/07/10

    旧正月元旦に日本総領事館員が刺殺...。香港を舞台に食通で奇人という魅力的な中国人名探偵が大活躍するユニークな連作ミステリー。

  • さらば、黄河 660円
    作家 伴野朗
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/07/10

    中国再訪の旅に出たまま失踪してしまった、戦争中に中国で軍属だった父。カメラマンの息子は探しに向かうが、次々奇怪な事件が襲う。