読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

朝はひとりが一番いい

朝はひとりが一番いい
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 660円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 210
販売開始日 2020/07/24

愛の名残りをいとおしむ女たちの多彩な朝。一人で生きていても、恋愛の似合う女がいる――「君は、いつでも一人で生きている女だよ」そんな女、いるはずないと、心では思う。でも、一人で起きる朝も悪くないと思えてきた......。芸能界に生きる女と、プロスポーツに力を注ぐ男との、ふとした出会い。あわただしく逢って別れる、現代の男女の恋愛を、乾いたさりげない優しさで描く、著者初の恋愛小説集。

高橋三千綱関連作品

講談社文庫関連作品

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    550円
    作家 田中悠太
    出版社 アメージング出版
    販売開始日 2021/02/26

    僕にはあるひとりの友達がいた。 過去形であるのは、その友達はもういないからである。 だからといって、死んだというわけではない。 つまりどういうことだろう。 そんな、話である。

  • 新着!
    代理母、はじめました 1760円
    作家 垣谷美雨
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2021/02/24

    もう“タブー”だなんて言ってられない! 不妊、高齢、独身、ゲイ―― 「子を抱きたい」人々と女たちが手をつなぐ出産革命小説 〈独身のまま子供が欲しい〉〈もう不妊治療をやめたい〉 〈五十を過ぎたら...

  • 新着!
    血の代償 オッドアイ 1980円
    作家 渡辺裕之
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2021/02/24

    深夜の横須賀どぶ板通り。米兵が複数箇所刺され、死亡した。「日米地位協定」によって捜査権は米軍側にあるが、危機感を募らせる神奈川県警に協力すべく〝特別強行捜査局〟の朝倉たちが捜査に向かう。目撃者を...

  • 新着!
    168時間の奇跡 1870円
    作家 新堂冬樹
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2021/02/24

    保護犬施設「ワン子の園」には心身傷ついた犬たちと様々な里親希望者が訪れる。虐待、飼育放棄、遺棄、殺処分――犬と人間との共生が抱える闇と光を描く、動物愛溢れる感動長編小説

  • 新着!
    君と、君がいる彼方 1760円
    作家 末浦広海
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2021/02/24

    不倫、いじめ、交通事故、そして認知症老人の作る手料理――崩壊寸前の家族に訪れた奇蹟の13日間。江戸川乱歩賞作家が満を持して贈る書き下ろし感動長編小説

  • 新着!
    疼くひと 1760円
    作家 松井久子
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2021/02/24

    脚本家・唐沢燿子は古稀をむかえ、日に日に「老い」を感じていた。しかしSNSで年下の男と出会い、生活が一変する。70歳から始まった、身も心も溺れた恋の行方は......。大人の恋愛小説。

  • 新着!
    LAフード・ダイアリー 1540円
    作家 三浦哲哉
    出版社 講談社
    販売開始日 2021/02/22

    映画研究者が、食の体験を通して考えた、1年間のLA(ロサンゼルス)滞在記。

  • おとなりさんの診療所 748円
    作家 蒼空チョコ おとないちあき
    出版社 マイクロマガジン社
    レーベル ことのは文庫
    販売開始日 2021/02/20

    想いが紡いだ絆を知る――、薬剤師の卵・小夜とあやかしの物語

  • 彼のこと 660円
    作家 藤堂志津子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/02/19

    夫はなぜ消えたか? これは愛だったのか? 真実の愛とは? 結婚2年、行方を消した彼の貌を妻、愛人、行きずりの女子高生が語る。

  • 恋人よ 660円
    作家 藤堂志津子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/02/19

    すれちがい、引かれあい、そして反発する恋人たちの4つの心模様。忘れられない愛がある。せつなさ溢れる、大人の恋愛小説集。

  • アリバイの唄 660円
    作家 笹沢左保
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/02/19

    タクシードライバー・夜明日出夫は、警視庁捜査一課の警部補だった。ある晩に乗せたカップル客の女の方が3週間後に殺されたが......。

  • ザボンの花 1430円
    作家 庄野潤三
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2021/02/19

    生活を愛し慈しみ、多くの人の心をつかんだ庄野文学の「家庭小説」の始まりであり、のちに名作『夕べの雲』に発展していく長篇小説。