読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

親中派の崩壊

親中派の崩壊
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1485円(税込)
ポイント還元 14ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 240
販売開始日 2020/09/01
紙書籍版 取り扱い中

世界で「親中派狩り」が始まった!

国を中国に売り渡す親中派の実態と、中国排除で追い詰められ自滅つつある現状を日本・中国・台湾のパンダ・ハガーに詳しい著者が解説!


新型コロナの混乱に乗じて香港の自治権を奪って国家安全維持法の施行を強行、南シナ海侵略、国際機関支配を進めると同時に、欧米の批判を罵りながら批判、強硬姿勢で「戦狼化」する中国。
世界的な中国排除が強まるなか、国内世論を操ってきた親中派の嘘と中国の浸透工作が暴かれつつある。
日本、世界で始まった中国の影響力除去の動きと、アメリカをはじめ各国で急速に進む「親中派狩り」の実態を解説。

第1章 「戦狼化」する中国

◎新型コロナ以降、本性を剥き出しにする中国
◎なぜ日本人は中国を見誤るのか
◎いまなお天命思想で動いている中国 ほか

第2章 日本の親中派の終焉

◎アメリカで発表された中国勢力の対日浸透工作
◎新型コロナ問題での日本の対中意識の変化
◎孔子学院というスパイ機関の実態 ほか

第3章 世界から切り離される中国

◎中国の対外戦略は「超限戦」から「三戦」へ
◎各国に広がる「TikTok」禁止
◎逮捕者が続出する「千人計画」の実態 ほか

第4章 親中派が抱く中国幻想のウソ

◎中国を支えてきた日本の親中派
◎200年以上いわれてきた「これからは中国人の時代」
◎中国に憧れる日本の中国学者たちの倒錯 ほか

第5章 脱中国がもたらす日本の黄金時代

◎「中国の振り子」に右往左往する親中派
◎漢字で民族統一をはかる中国の限界
◎仮名創出で花開いた日本文明 ほか

黄文雄関連作品

徳間書店関連作品

「エッセイ・雑学」カテゴリ

  • 新着!
    こいわずらわしい 1430円
    作家 メレ山メレ子
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2021/01/20

    ひとりの楽しさも、心地よさも知っている。<br>もう恋愛に振り回されたくない。<br>いや、ぶんぶん振り回されてみたい。<br>——行ったり来たりのわたしの心!<br><br>恋愛なんてもう卒業...

  • 新着!
    人声天語 (1~3巻) 1001円1019円
    作家 坪内祐三
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/01/20

    「天声」にはパブリックなイメージがあり、ある種の客観をよそおっている。それに対して「人声」はプライベートであり、あくまで個人的な声。だから「人声天語」とは、要するに、反射神経による思考(発言)の...

  • 新着!
    ハマる! ウケる! カシコくなる! 雑学の森 990円
    作家 雑学の森探険隊
    出版社 青春出版社
    販売開始日 2021/01/18

    雑学=とりとめのない雑多な知識とあなどるなかれ。本書は、誰もが疑問に思い、誰もが知りたいと思いながら、どう調べたら良いかわからない広漠たる“雑学の森”に分け入り、その謎の一つひとつに答えを出した...

  • 火の玉ストレート 1485円
    作家 藤川球児
    出版社 日本実業出版社
    販売開始日 2021/01/16

    「火の玉ストレート」を武器にプロ野球界に鮮烈な記憶と記録を残した藤川球児氏が、2020年シーズンを最後に引退しました。 1999年、ドラフト1位で阪神に入団し、リリーバーとして大車輪の活躍。 メ...

  • 猫のハローワーク (1~2巻) 902円990円
    作家 新美敬子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/15

    世界中を旅して猫のベストショットを追い求めている著者のフォトエッセイ。何かに夢中になっている猫たちの仕草がもう、たまらない!

  • スクリーンが待っている 1683円
    作家 西川美和
    出版社 小学館
    販売開始日 2021/01/15

    ああ、世界は奇跡に満ちていたんだな。

  • 空想居酒屋 1001円
    作家 島田雅彦
    出版社 NHK出版
    レーベル NHK出版新書
    販売開始日 2021/01/15

    そこに酒があり、ドリンカーがいれば、即酒場。 コロナ禍で外食産業の大手チェーンが大打撃を受ける一方、デリバリーを軸としたゴーストレストランが増えてきている。 ポスト・コロナの飲食店はどうなって...

  • 女はトイレで何をしているのか? 現代ニッポン人の生態学 660円
    作家 毎日新聞夕刊編集部
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/15

    毎日新聞夕刊で連載された人気コーナーから面白いものを厳選。「東京に美人が多いというのは本当か」など、楽しみながら勉強になる。

  • 猪木力 不滅の闘魂 2090円
    作家 アントニオ猪木
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2021/01/15

    プロレスデビュー60周年と喜寿を記念し、アントニオ猪木が一切の虚飾を排してプロレスと人生を見つめ、全てを語る。好敵手、名勝負、生と死、愛した女達。燃える哲学の尽きぬ力を見よ!

  • 悪魔の夜鳴きそば 1200円
    作家 もちぎ
    出版社 マガジンハウス
    販売開始日 2021/01/14

    大都会の真ん中で、不安を抱えながら懸命に生きる人の 心を温める不思議なラーメン屋台。 「幸せになりたい。けど、やっぱりまだ自分で どうやってなっていけばいいかわかんないし、 正直自信ないよ、私...

  • 木皿食堂 (1~3巻) 539円759円
    作家 木皿泉
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2021/01/13

    伝説のドラマ『すいか』以降、その作品世界が熱く支持されている夫婦脚本家・木皿泉。何気ない日常が愛おしくなるエッセイや、創作への熱い情熱が伝わる羽海野チカとの対談をはじめ、貴重なロングインタビュー...

  • 新装版 寂聴 般若心経 生きるとは 1650円
    作家 瀬戸内寂聴
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2021/01/08

    誰もが一度は耳にし口にしたことのある「般若心経」を、寂聴師がかみくだいて説き明し、やさしく語りかける。ロングセラーの新装版