読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

漢詩の人間学――詠み継がれる先達のこころ

漢詩の人間学――詠み継がれる先達のこころ
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1760円(税込)
ポイント還元 17ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 340
販売開始日 2020/09/01

【内容紹介】
人生を、友情を、四季を漢詩で詠む幸せ。
李白、杜甫、白楽天など唐の詩人を中心に、人生、別れ、自適、友情、自然、四季のテーマ別にわけて日本人になじみの深い名詩の数々を解説する。

【著者紹介】
著述業(中国文学者)。
昭和7年、宮城県生まれ。
東京都立大学中国文学科修士課程修了。
著訳書に『中国古典の名言・名句三百選』『「貞観政要」のリーダー学』『完本 中国古典の人間学』『「老子」の人間学』『全訳「武経七書」』(全三巻)(いずれもプレジデント社)など多数。

【目次抜粋】
まえがき
第一章 人生を詠む
烈士暮年、壮心已まず(曹操)
帝力、我に於いて何かあらんや(『十八史略』) ほか
二章 別れを詠む
一顧すれば人の城を傾け
再顧すれば人の国を傾く(李延年) ほか
三章 自適を詠む
蝸牛角上 何事をか争う
石火光中 此の身を寄す(白楽天) ほか
四章 友情を詠む
人生意気に感ず
功名 誰か復た論ぜん(魏徴)
君に勧む更に尽くせ一杯の酒(王維) ほか
五章 自然を詠む
不尽の長江
滾滾として来たる(杜甫) ほか
六章 四季を詠む
春宵一刻値千金(蘇軾)
水を渡り 復た水を渡り
花を看 環た花を看る(高啓) ほか

守屋洋関連作品

プレジデント社関連作品

「哲学・思想」カテゴリ