読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

遊び・会話・家事で 今こそ「家族のコミュニケーション力」アップ

遊び・会話・家事で 今こそ「家族のコミュニケーション力」アップ
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1430円(税込)
ポイント還元 14ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 160
販売開始日 2020/09/04
紙書籍版 取り扱い中

【電子版のご注意事項】
※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。
※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。
※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。
以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。


コロナで家庭が一変。在宅勤務、休校で家族が家に閉じこもり、問題発生。トラブルを防ぎ絆を深めるコミュ力アップ法を丁寧解説。

●仕事に行けない(仕事がなくなる、仕事が減る、リモートワーク)/
●学校にいけない(保育園、幼稚園、小学校から大学)/
●楽しみのための外出ができない/
●生活のための外出も最小限にしなければならない/
●人との接触を最小限に保たなければならない......。四六時中家庭で過ごすことを余儀なくされ、追い込まれで問題発生寸前。家庭内に起こり得るトラブルを防ぎ絆を深める一番の方法を、コミュニケーション力を高めて発達障害を治療する日本の第一人者が紹介。
【主な内容】
★〈お父さん、できているかな?〉話し方を変えましょう。すると、こんなことが起こります/
★〈コミュニケーション力の高め方〉こんな話題を子どもに語りかけてみましょう/
★〈遊びの時間割〉子どもの遊びにこんなことを提案してみましょう/
★〈そうじ・洗濯・料理〉ママは家事の現場監督。工程表を作って張り出しましょう/
★コロナに負けないよう家族の免疫力を高めましょう


司馬 理英子(シバリエコ):岡山大学医学部、同大学院卒業。1983年渡米。アメリカで4人の子どもを育てるなか、ADHDについて研鑽を深める。1997年『のび太・ジャイアン症候群』(主婦の友社)を執筆、出版。同年帰国し、東京都武蔵野市に発達障害専門のクリニックである「司馬クリニック」を開院。中学生までの子どもと高校生と大人の女性の治療を行っている。2008年ADHDをめぐる状況の変化や新しい知見を盛り込んだ決定版として『のび太・ジャイアン症候群』を改訂し『新版 ADHD のび太・ジャイアン症候群』、2009年『新版 のび太・ジャイアン症候群2 ADHD これで子どもが変わる』を刊行。ほかに著書として、『新版 のび太・ジャイアン症候群3 ADHDとアスペルガー症候群』、文庫版『のび太・ジャイアン症候群』、『よくわかる大人のADHD』『ADHD・アスペルガー症候群 子育て実践対策集』『マンガでわかる もしかしてアスペルガー!?~大人の発達障害と向き合う』、『シーン別アスペルガー会話メソッド』『スマホをおいて、ぼくをハグして!』(以上主婦の友社)などがある。

司馬理英子関連作品

主婦の友社関連作品

「子育て」カテゴリ