読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

フットボール批評issue29 [雑誌]

フットボール批評issue29 [雑誌]
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1485円(税込)
ポイント還元 14ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2020/09/11

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

なぜ、あえて今アーセナルなのか。
あるアーセナル狂の英国人が「今すぐにでも隣からモウリーニョを呼んで守備を整理しろ」と大真面目に叫ぶほど、
クラブは低迷期を迎えているにもかかわらず、である。
そのヒントはそれこそ、今に凝縮されている。感染症を抑えながら経済を回す。世界は今、そんな無理難題に挑んでいる。
同じくアーセナル、特にアルセーヌ・ヴェンゲル時代のアーセナルは、
一部から「うぶすぎる」と揶揄されながら、内容と結果を執拗に追い求めてきた。
そういった意味ではヴェンゲルが作り上げたアーセナルと今の世界は大いにリンクする。
ヴェンゲルが落とし込んだ理想にしどろもどろする今のアーセナルは、
大袈裟に言えば社会の鏡のような気がしてならない。
だからこそ今、皮肉でもなんでもなく、ヴェンゲルの亡霊に苛まれてみるのも悪くない。
そして、アーセナルの未来を託されたミケル・アルテタは、
ヴェンゲルの亡霊より遥かに大きなアーセナル信仰に対峙しなければならない。
ジョゼップ・グアルディオラの薫陶を受けたアーセナルに所縁のあるバスク人は、
それこそ世界的信仰を直視するのか、それとも無視するのか。
“新アーセナル様式”の今後を追う。

●フットボールの格言 江間慎一郎
●「我がクラブ」を超越した「我が信仰」 儀式はすでにアーセナル駅から始まっている ヘンリー・ウィンター

【特集I】ヴェンゲルの亡霊に苛まれる幸せ
●アルセーヌ・ヴェンゲルの22年は「うぶ」だったのか
元番記者が回想する純粋主義者の皮算用とアーセナル文化醸成への手法 スティーヴ・スタマーズ
●ヴェンゲルが“バトル”を教えてくれた interview:エマニュエル・プティ スティーヴ・スタマーズ
●実は似た者同士? ヴェンゲルVSファーガソンの20年史
プレミアの二大巨頭の舌戦をヴェンゲル愛をもって読み解く キムラヤスコ
●物静かなリーダーが希求した健全な重圧 今でも色褪せることのない無敗優勝の追憶 ジョン・クロス
●インヴィンシブルズは“漢たち”だった interview:ローレン・エタメ・マイヤー ルジェー・シュリアク
●ティエリ・アンリ&デニス・ベルカンプ アーセナル史上最高の2トップを最新データで読み解く 結城康平
●プレミアに起きた流麗なる革命 “フレンチ・コネクション”20年史
interview:ロベール・ピレス フィリップ・オクレール
●“イケてる""「赤胴体×白袖」変遷史 シンボリックなユニフォームが誕生した理由 内藤秀明 イラスト:安藤隆晃

【特集II】アルテタは創造者か、模倣者か
●グアルディオラの弟子、を超えて。ミケル・アルテタの思想を探る 結城康平
●「爆発的なペース」が円環するアーセナルの戦術
「ボールプレーヤー依存」のヴェンゲルと「プレーモデルありき」のアルテタ らいかーると
●真の「ガナーズ産」は現れるのか
interview:アンドリース・ヨンカー(元アカデミー・ディレクター) アルトゥル・レナール
●アーセナルと青田買いの蜜月 もはや「必要性にかられた」若手獲得の宿痾 山中拓磨
●池袋『バッカス』が結ぶ北ロンドンと城北トーキョー 全国のガチグナたちの聖地を救え 宇都宮徹壱
●初めてアーセナルの扉を開いた日本人、稲本潤一の軌跡
開拓者“イナ”と彼に寄り添ったFIFA公認代理人田邊伸明の述懐 加部究

【永久保存版】「ガナーズクロニクル」
●ガナーズの礎を築いた二人の名将 100年以上たった今も残る“アーセナルらしさ”の起源とは 山中拓磨
●ガナーズプレミア年表 編集部

シリーズ作品

  • フットボール批評issue01 [雑誌] フットボール批評編集部/編集 1485円(税込) 14ポイント(1%)
    販売開始日: 2017/12/01

    特集 [惨敗の教訓]アギーレを殺すのは誰か? [クローズアップ]不条理なレッドカード サポーターグループ“自主解散”の真実。 横断幕事件でひび割れたまま...

  • フットボール批評issue02 [雑誌] フットボール批評編集部/編集 1485円(税込) 14ポイント(1%)
    販売開始日: 2017/12/01

    [八百長疑惑 詳報]アギーレは黒なのか? スペインサッカー界を揺るがすスキャンダルに巻き込まれた日本代表監督の命運――。 ...ミゲル・アンヘル・ロドリゲ...

  • フットボール批評issue03 [雑誌] フットボール批評編集部/編集 1485円(税込) 14ポイント(1%)
    販売開始日: 2017/12/01

    [特集] サッカー監督の生きる道 チームの不振は監督の責任か? フロントの責任か? 世にも不思議な「監督失格」理不尽さと隣り合わせの監督たち/西部謙司...

  • フットボール批評issue04 [雑誌] フットボール批評編集部/編集 1485円(税込) 14ポイント(1%)
    販売開始日: 2017/12/01

    日本代表監督を誰にするかよりも大事なことがある。 本来であれば監督を決める前に、中長期的な視点で日本のサッカーをどういった方向で強化していくのか、 明確か...

  • フットボール批評issue05 [雑誌] フットボール批評編集部/編集 1485円(税込) 14ポイント(1%)
    販売開始日: 2017/12/01

    INTERVIEW 宇佐美貴史(ガンバ大阪)「世界で勝つための武器の磨き方」 西部謙司 INTERVIEW from archives ハリルホジッチ ...

  • フットボール批評issue06 [雑誌] フットボール批評編集部/編集 1485円(税込) 14ポイント(1%)
    販売開始日: 2017/12/01

    【特集】決定力不足の正体 ハリルホジッチ監督でも治せない「決定力不足」という病。はたしてその正体は何なのか? また、ブラジルW杯のギリシャ戦、アジアカップ...

フットボール批評編集部関連作品

カンゼン関連作品

「スポーツ」カテゴリ