読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

万葉集の起源 東アジアに息づく抒情の系譜

万葉集の起源 東アジアに息づく抒情の系譜
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 990円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2020/09/11
紙書籍版 取り扱い中

日本人は、恋をしたり、愛する人を失ったりすると、その心を俳句や短歌に詠んできた。それは最古の歌集『万葉集』以来、受け継がれてきた心性だ。『万葉集』では、人を恋しいと思う気持ちはどう歌われているのか。さらに時代を遡ると、それらの歌のルーツはどのようなものだったのか。著者は、今も歌垣で恋歌を、葬儀で挽歌を歌う中国少数民族の歌文化にその原型を求め、日本人の抒情表現の本質を明らかにする。

中公新書関連作品

中央公論新社関連作品

  • 新着!
    眠れない夜は体を脱いで 726円
    作家 彩瀬まる
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/10/22

    自分の顔がしっくりこない男子高校生。五十過ぎに始めた合気道で若い男の子とペアを組むことになった会社員。恋人の元カノの存在に拘泥する女子大生。妻も部下もなぜ自分を不快にさせるのかと苛立つ銀行支店長...

  • 新着!
    素子の碁 サルスベリがとまらない 924円
    作家 新井素子
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/10/22

    『ヒカルの碁』をきっかけに、四十歳を過ぎてから夫婦で始めた囲碁。子供の頃から親しんでいれば直感的に理解できただろう定石や用語に頭を悩ませつつ、上達していく喜びを綴るエッセイ。「祝 還暦! 夫婦対...

  • 新着!
    奇貨居くべし 858円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/10/22

    秦の始皇帝の父ともいわれる呂不韋。一商人から宰相にまでのぼりつめたその波瀾の生涯を描く。十五歳の少年・不韋は、妾腹の子であるため、家にあっても孤独で、確たる未来を描けないまま日々を送っていたが....

  • 新着!
    燃える波 792円
    作家 村山由佳
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/10/22

    友人のような夫と、野性的な魅力を持つ中学時代の同窓生。婚外恋愛がひとりの女性にもたらした激しい変化は――。著者渾身の恋愛長篇。

  • 新着!
    だまされ屋さん 1980円
    作家 星野智幸
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2020/10/21

    七十歳でひとり暮らしの秋代の家に、ある日現れた謎の男。娘の婚約者なのか、それとも新手の詐欺なのか――。現代文学の最前線を走る作家が、家族のあり方や人々のつながり方を問う渾身の長編。

  • 新着!
    そこにある山 結婚と冒険について 1540円
    作家 角幡唯介
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2020/10/21

    選択肢、なし。ゆえに、自由。 妻と娘、12頭の犬、35年の住宅ローン。かつては想像すらしなかった「関わり」のなかで見出したのは、意外な自由の正体だった。 人はなぜ冒険し、山に登るのか――...

「文化人類学・民俗学」カテゴリ