読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

いつまでも消えない怒りがなくなる 許す練習

いつまでも消えない怒りがなくなる 許す練習
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1430円(税込)
ポイント還元 14ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 220
販売開始日 2020/09/12
紙書籍版 取り扱い中

モヤモヤして眠れない
イライラしてココロもカラダもぐったり

そんな自分を苦しめる「許せない!」思いを手放して
スッキリ・清々しい毎日を手に入れましょう!

経済発展の停滞、
人間関係の複雑さなどの影響か、社会から鷹揚な空気が薄れ、
他人の失敗を「許さない」尖ったきびしさが充満、
結果として心を病む人が増えている。

特に今はコロナの影響で、
他者の行動に過敏に反応する流れ(粗探し)が、
時として閉塞感を生じさせる。

「許さない人」は、
その狭量から自身も「許されない人」になってしまう、
その悪循環を断ち切るための心の育て方について、
事例をもとに解説する。


■目次

・はじめに 許す練習を始めましょう

●第1章 許せないにはワケがある
1 尊敬するあなたへ
・あなたへ、言葉のプレゼントを贈ります
・あなたが「許し」の意義に気づけて良かったです
・許せない日々、許されない日々
・あなたは尊敬するべきサヴァイヴァーです
・サヴァイヴァーは、誇り高い魂を持つ人
2 「許し、許されるための旅」へと出かけましょう
3 旅を終えた先にあるもの
4 加害者を許していいのか? 「許せない」の価値
5 「許せない」にとらわれてはいけません
6 感情の仕組みを知りましょう
7 想いを退け合うと何かが生まれるのか?
8 感情の意味を理解することが大切です

●第2章 人はなぜ「覚えてしまう」のか?
1 「許せない」を避けられないのはなぜだろう?
2 エサを横取りされたコイはどうなるのでしょうか?
3 コイと人は何が違うのか?
4 コイの「覚えない生き方」は幸せなのか?
5 人はなぜ溜め込む動物になったのか?
6 私たちは幸せになれたのだろうか?

●第3章 人は愚かな生き物なのか?

●第4章 許す力、許される力

■著者 杉山崇(すぎやま・たかし)
心理学者。臨床心理士。神奈川大学人間科学部・大学院人間科学研究科教授。
心理相談センター所長。公益社団法人日本心理学会代議員。
1970年、下関生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科にて心理学を専攻。
在学中から、子育て支援、障がい児教育、犯罪者矯正、職場のメンタルヘルスなど、
さまざまな心理系の職域を経験。心理学と脳科学を融合した次世代型の心理療法を目指す。
心理療法家としても科学的心理研究社としても、指導者レベルの評価を受けている心理学者。
『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』(永岡書店)、
『心理学者・脳科学者が子育てでしていること、していないこと』(主婦の友社)、著者多数。

杉山崇関連作品

あさ出版関連作品

「心理学入門」カテゴリ