読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

日本VS韓国 対立がなくならない本当の理由

日本VS韓国 対立がなくならない本当の理由
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1200円(税込)
ポイント還元 12ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 160
販売開始日 2020/09/17
紙書籍版 取り扱い中

なぜ日韓関係はこれほど悪化したのか?
池上彰が「反日のなぜ?」を分かりやすく解説。

フジテレビ人気番組「池上彰スペシャル!」の完全書籍化。
『反日種族主義』編著者の李栄薫・元ソウル大教授との対談もノーカットで収録。

◎いったいなぜ?
・文在寅政権発足から約3年半、日韓関係は戦後最悪に。
・2019年夏以降、日本製品の不買運動が激化し、多くの韓国民が参加。
・解決済みのはずの「徴用工問題」で韓国の最高裁が日本企業に賠償を命じる判決を下し、
敗訴した日本企業の資産が差し押さえられ、いつ現金化されるか分からない事態に。
・慰安婦問題の解決に向けて日韓が合意して設立した慰安婦財団(和解・癒やし財団)も、
文政権が日本の同意を得ないまま解散させた。

なぜこうした事態に陥ったのか、現地取材を通じて池上彰が分かりやすく解説。
日本企業の資産がいつ現金化されてもおかしくない今、
知っておきたい基本情報をコンパクトに伝える。

(目次)
はじめに――日韓対立はいつまで続くのか
第1章 なぜ日本に厳しく、北朝鮮に甘いのか
第2章 反日の象徴「不買運動」その後
第3章 意外と知らない!? 徴用工問題
第4章 若者世代に変化の兆し
第5章 「反日種族主義」と嘘の歴史教育
第6章 日本と韓国がわかり合うために

文春e-book関連作品

  • 新着!
    落葉の記 2001円
    作家 勝目梓
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/10/22

    追悼、勝目梓<br>純文学、ハードボイルド、私小説など、三百二十二冊を上梓した孤高の作家による最後の作品集。絶筆となった長編「落葉日記」を含む。

  • 新着!
    週刊文春WOMAN (1~7巻) 398円499円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/10/20

    新創刊! 世の中で起きていることの本質を自分の目と耳でとらえ、 自分の足で生きる道を切り開いていきたいと願う、 大人の女性のための年3回刊の雑誌です。 【スペシャルグラビア】 ■表紙画を描...

  • 新着!
    別冊文藝春秋 (1~34巻) 200円801円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/10/20

    1946年に創刊以来、井伏鱒二、川端康成、坂口安吾、三島由紀夫......と綺羅星の如き作家が登場してきた「別冊文藝春秋」が、電子版へと大リニューアル。記念すべき電子化第一号は、道尾秀介と綾野剛...

  • 博物館ななめ歩き 1200円
    作家 久世番子 栗原祐司
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/10/15

    全国6200館の博物館を巡ったミスター博物館こと京都国立博物館副館長の栗原祐司氏と一緒に、 博物館好き・なまけ者漫画家の久世番子さんが 東京を中心に各地のとっておきの博物館94館を、ユーモアあふ...

  • アニーはどこにいった 2200円
    作家 C・J・チューダー 中谷友紀子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/10/15

    スティーヴン・キングが賛辞を贈る新鋭、 恐怖と驚愕を増量して前作『白墨人形』をしのぐ傑作。 ホラーか? ミステリか? いや、これは恐怖と驚愕を両立したホラー・ミステリの傑作なのだ。 妹アニ...

  • 0から学ぶ「日本史」講義 戦国・江戸篇 1500円
    作家 出口治明
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/10/14

    世界史の中の日本を見る!日本史解説シリーズの戦国・江戸篇。 江戸時代は争いのない平和な時代と言われるが、実際はどのような時代だったのか? 南蛮貿易や鎖国期を経て、幕末までを解説する。 世界史解...

文藝春秋関連作品

  • 新着!
    歎異抄 救いのことば 950円
    作家 釈徹宗
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/10/20

    コロナで逼塞する現代人に必読の書! 現代人が読んで心を打たれる、それが『歎異抄』。金言・箴言に満ちたこの書は、思想的には難しい。平易な解説で深みまで導きます。 <目次> 【はじめに】 『歎異抄...

  • 新着!
    平安朝の事件簿 王朝びとの殺人・強盗・汚職 950円
    作家 繁田信一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/10/20

    平安時代を生き抜け 平安朝で巻き起こる凶悪な犯罪の数々。治安を司る検非違使の長官が残した文書に記された生々しい現場の声。真の平安時代が蘇る。

  • 新着!
    半グレと芸能人 880円
    作家 大島佑介
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/10/20

    市川海老蔵、宮迫博之、田村亮......。 なぜ芸能人は半グレ=反社会的勢力と接点を持ってしまうのか? 『週刊文春』の特派記者として15年のキャリアを積んだ筆者が、あまり報じられることのない取...

  • 新着!
    政治家の覚悟 880円
    作家 菅義偉
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/10/20

    第99代内閣総理大臣に就任した菅義偉氏が掲げるのが、「国民のために働く内閣」だ。 それを実現するために断行するのが規制改革、縦割り行政の打破である。 この改革の姿勢は、かつて務めた大臣政務官、副...

  • 闇の脳科学 「完全な人間」をつくる 2001円
    作家 ローン・フランク 仲野徹 赤根洋子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/10/14

    「脳に電気ショックを与えて、『完璧な人間』へとつくり変える」 現在の米脳科学界における一大トレンドであり、DARPA(米国防高等研究計画局)も莫大な予算のもと参戦する「脳深部刺激療法」。 「サ...

  • 静おばあちゃんシリーズ 1400円
    作家 中山七里
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/10/12

    元裁判官で80歳を超えた今も信望が厚い高円寺静と、中部経済界の重鎮にして車椅子の〝暴走老人〟香月玄太郎の老老コンビが難事件を解決する、人気シリーズ第2弾。 今回は舞台を東京に移し、玄太郎ががんを...

「社会・思想」カテゴリ